微差が大差。キャリアコンサルタントが教える、内定率を上げるちょっとしたコツ

面接の合否を決める基準とは?

企業の採用活動には、「この条件を満たした人材!」という大枠の基準があります。しかし、その基準をもとに判断をするのは面接官。人である以上そこに主観が入ることも多々あります。

『合否判定=企業の採用基準×面接官の採用基準(個人の価値観)』で決定すると考えたほうがいいでしょう。

特に、面接官があなたの上司や同僚となる人物であれば、「一緒に働きたい!」「育ててみたい!」と思わせることが重要。

他候補者(ライバル)がいた場合は、相対比較が入ることも考慮し、ライバルよりも好印象を与える必要があります。

ではどんな対策が有効なのでしょうか?

内定率

内定率を上げるコツとは?

それはズバリ『面接官の採用基準(個人の価値観)を知り、アピールすること』です。

では、面接官の採用基準(個人の価値観)を知るにはどうすれば良いのでしょうか?

エージェントをご利用の場合は、キャリアコンサルタントが面接官となる方の性格を知っているケースも多いので、事前に質問をしてみてください。

ここからがちょっとしたコツになりますが、相手の価値観を事前に知る方法がない場合も、面接中の質問の仕方一つで、ある程度確認することができます。

BEFORE

  • 「御社で活躍している社員の共通点はございますか?」
  • 「御社の仕事内容についてお聞かせ頂けますか?」
  • 「御社の競合他社と比べた際の競争優位性は何でしょうか?」

AFTER

  • 「面接官の○○様から見て、どのような社員と一緒に働きたいと思われますか?」
  • 「面接官の○○様の経験の中で、これまでで一番楽しかった仕事はどのようなものですか?」
  • 「面接官の○○様から見て、御社の魅力と、課題はどのような点だと考えておられますか?」

お気づきでしょうか?前者は主語が「御社」で、後者は主語が「面接官」になっています。

内容はほとんど同じですが、前者は『企業の採用基準』についての質問であり、後者は『面接官の採用基準(個人の主観)』についての回答が期待できます。

面接官が、人事や役員、経営者だとしても、要領は同じです。面接官の価値観を探るために、主語を意識して質問してみてください。

その回答に合わせて共感、アピールし、「一緒に働きたい!」「育ててみたい!」と思わせることができれば、合格率を高められるでしょう。

内定率

本来の目的を見失わない

これまで内定率を上げるコツについて書いてきましたが、転職活動のゴールは『面接に受かること』ではありません。

自身の価値観とずれた企業に入社することは、最終的にプラスにはならなので、信条を無理やり曲げてまで、相手に合わせる必要はないと思います。

面接は企業側に評価されると同時に、応募者が企業を評価する場でもあります。自分自身がその面接官と一緒に働くことに魅力を感じるか、という視点も持って面接に臨んでみてください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?