プロジェクトマネージャ ~マネジメントにおける9つの視点~

thumbnail
求職者様との面談の中で、
「(プロジェクト)マネジメント経験はございますか?」
と質問すると、

「いいえ、残念ながらまったくありません。」
とか、
「多少の経験はありますが、自信がありません。」

と即答されるがいらっしゃいますが、本当にそうでしょうか?
そもそも(プロジェクト)マネジメントとは何を指しているのでしょうか?
企業での面接本番でもそう答えてしまう前に、ちょっと考えて見ましょう。


プロジェクトマネジメントの知識体系として、
事実上の標準として世界中で広く受け入れられている
PMBOK(Project Management Body of Knowledge)では、
プロジェクトを遂行する際に、次の9つの観点(「知識エリア」と呼ばれている)で
マネジメントを行なう必要があるとしています。すなわち、

・スコープ(プロジェクトの目的と範囲)
・時間
・コスト
・品質
・人的資源
・コミュニケーション
・リスク
・調達
・統合管理

です。

これは、業界を超えたプロジェクトマネジメントの共通概念・用語を設定するために
標準知識体系を定めたものですが、1つ1つを良く見てみて下さい。

9つ全ての経験がまったくない、という方はいらっしゃらないのではないでしょうか?
「マネジメント」と一口にいうと、5番目の人的資源(いわゆるピープルマネジメント)を
想像してしまい、イコール自分にはマネジメント経験が無い、
と結論づけてしまっている方が多いようです。

もちろん、人事が面接でマネジメント経験を尋ねるときには、部下の育成を期待して
質問してくるケースも多いでしょうが、「ありません」と即答してしまう前に、
9つの観点1つ1つを分解して、自分の強み・経験をしっかりと整理して、
PRしてみてはいかがでしょうか?
プロジェクトを成功に導く為のマネジメントは、何もピープルマネジメントだけでは無いはずです。

自分でも気づかなかった思わぬ強みが見つかるかもしれませんよ。
この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?