英語力における採用基準の上昇

thumbnail
コンサルティングファームにおける
グローバルプロジェクトはますます増加傾向にあるが、
それに伴い、語学力における採用基準も、上がり始めている。
 
a45db4524a629af430ba1ec12044b431.jpg
 
 
例えば、4月に入ってからだけでも、下記2点の連絡が入っている。
・某外資経営戦略コンサルティングファームにて、英語のスピーキングテスト導入
・某大手ファームにて、TOEIC基準の引き上げ(730点以上)
 
もちろん、コンサルタントにとって、英語はあくまでコミュニケーションツールにしか過ぎず、
英語力さえあれば、コンサルタントとして大成出来るわけではない。
 
が、英語が出来なければ、アサイン出来る案件が少なくなって来ていることも事実。
 
英語力に自信が無い方は、ベルリッツなどで英語力を身に着けてから、
コンサルタントに転じるのも良いが、グローバルプロジェクトに身を投じて、
実践の中で揉まれて鍛える方が近道という見方もある。
 
したがい、基準が高まる前に、一足先にコンサルタントに転じておくことも
一つの戦略かもしれない。
この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?