今回の転職で私が最も重視したのは「人」でした

thumbnail
  • 31歳 男性 (既婚)
  • 戦略コンサルティングファームアパレルメーカー(経営企画)
  • 1,000万900万

ITコンサルファーム、及び外資系戦略ファームを通じて、コンサルティングの世界で10年弱を過ごした私は、そろそろコンサルティングの立場ではなく、腰を据えて事業に取り組んでいきたいと感じ、転職活動を始めました。

転職情報サイトでレジュメを公開したところ、数多くのメールをいただきました。アクシスコンサルティングの三石様とお会いしたのは、そんなメールがきっかけでした。

候補企業のリストだけ見れば、他にも同じようなご提案をいただいた会社はありましたが、いただいた文面から「信頼できそう」と感じ、ご相談に伺いました。
今、転職活動を終えてみて、この直感は間違っていなかったと感じています。

私の場合、今回が3度目の転職となります。30歳前半という年齢を考えれば、多いほうと言えるでしょう。そんな私にとっても、やはり転職は難しいものという実感があります。いくつかの企業を渡り歩いてきたからこそ、実感を持って言える部分もあるかと思います。

無数にある求人の中から、自分に合う、且つ自分を求めてくれる企業・ポジションを探し出すことは、容易ではありません。特に、外的な情報からはわからない組織のカルチャーなどに関して、中に入ってみて初めて知り、想定とのギャップに苦しむケースは、発生しがちではないでしょうか。

これまでの私は、キャリアアップ、スキルアップを重視した会社選びをしてきましたが、今回は、こうしたギャップをなるべく小さくし、長期的に働く環境を決めていきたい。こうした想いから、今回の転職で私が最も重視したのは「人」でした。

経営者はビジョンを共有できる人か?
社員の意見に耳を傾けてくれる人か?
一緒に働く仲間は価値観を共有できる人々か?
尊敬しあい、切磋琢磨し合える人々か?など
こうしたことは、面接で直接お会いする方を通じて確かめるのも、一つの方法でしょう。

私の場合は、面接の過程で、必ず自分の上司にあたる方、同僚にあたる方と直接お話できる機会を設けていただいていました。しかし、転職活動の時間は限られており、むやみに多くの企業を訪問できるわけではありません。

また、面接でお会いできる方も限られた数名の方のみです。こうした点からも、アクシスさん(三石さん)にご相談したことは正解でした。アクシスさんは常に企業と接触され、求人状況のみならず、会社の雰囲気や働き方、カルチャーなどをよく観察されているようです。

また、既に転職された方からも、そのような情報を豊富に得られているのでしょう。志望していた業界の各企業はもとより、私自身は想定していなかったけれど、志向に合致する企業についてもご提案いただき、選択肢を広げることができました。

また、カウンセリングでは、私の志向や価値観を丁寧に確認される姿勢に感心しました。今回の転職に求めるものはもちろんですが、捨てるものについても再三確認いただいたことが特に印象的でした。企業によっては、良い面だけでなく、あきらめなければいけないことが出てくる。そんな側面も十分に伝えていただいたことで、漠然としていた各企業のイメージが具体的なものになり、安心して選考を進められたと感じています。

各企業の生きた情報と、転職者の深い理解、それを持ち合わせた上で誠実にサポートをいただいたことで、とても良い転職活動が出来たのではないかと感じています。 ありがとうございました。

この7月より、大手アパレルの会社で経営企画の仕事に就きます。
全社の業務改革や、新規事業のオペレーション確立、システム企画など業務は多岐にわたります。熱心に誘っていただいた企業、そしてご支援いただいた三石様に報いるためにも、早く結果を出して活躍できるよう、最初からエンジン全開で頑張りたいと思います。

(担当コンサルタント三石 真司)

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?