EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

世界で25万超のプロフェッショナルを擁すEYグループは日本市場でのコンサルティングビジネスの成長にむけて、EYのEMEIA(ヨーロッパ・中近東・インド・アフリカ)のリーダーであったアンディー・エムブリー様を代表取締役会長として迎えました。他ファームを圧倒するグローバルプレゼンスと新たなビジネス戦略で注目度急上昇中の同社に他ファーム(元デロイト、BCG、アクセンチュア)から参画されたパートナーの方々に、今後の方向性をアクシスコンサルティングの祝佑斗がインタビューしました。文中の情報及びデータ等は2017年4月現在のものです。

目次
  1. トップファームのパートナー経験者がEYに続々と参画する理由
  2. 圧倒的なグローバルプレゼンスと多国籍文化で組織横断的な働き方
  3. BIG4のなかでも異彩を放つ独自の経営スタイル
  4. グローバルファームでありながら、起業家精神あふれる
  5. 読者へのメッセージ
  6. EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 求人情報

トップファームのパートナー経験者が
EYに続々と参画する理由


まず、みなさんのEYでの役職、それからバックグラウンドについてお伺いできますか?

鵜澤様
私は現在、PAS、ピープルアドバイザリーサービス(人事コンサルティング)の責任者とBD、ビジネスデヴェロップメントという組織横断的なアカウントマネジメントの責任者をしています。
大学卒業後に事業会社で財務・人事・新規事業開発を経験し、2005年にコンサルティング業界に転身しました。前職デロイトでの11年半は一貫して人事・組織のコンサルティングに従事し、日本でのHRトランスフォーメーション事業責任者、最後はアジアパシフィック7か国のHRコンサルティング領域のコラボレーション推進リーダーを担った後に、2017年4月にEYに参画しました。

佐野様
私は現在、ライフサイエンスセクターリーダーとして、製薬企業を中心に事業戦略や組織再編の立案・実行支援に携わっています。かつてはボストンコンサルティンググループでキャリアを積み、その後にベンチャー企業経営者を経て、EYに参画しました。事業経験とコンサルティングの両サイドで実務経験を有しています。

マッテオ様
私は現在、主にIOTやAIなど先進的なテクノロジーをビジネスの世界に適合するサービスを立ち上げています。名前からわかるように私は日本人でなくイタリア人で(笑)、ヨーロッパとアジアでコンサルティング業界とIT業界双方でキャリアを積んできました。特に業界では情報通信業界に深い知見と経験を持ちます。シーメンス、ボーダフォンを経て、ITファームのアクセンチュアでヨーロッパ、アジア、日本と通算18年間コンサルティングに従事してきました。


お三方とも他の大手ファームにいらっしゃったとのことですが、このタイミングでEYにJoinされた理由はどういったところでしょうか?

鵜澤様
EYに惹かれたのは、いま日本でアドバイザリー部門(コンサルティング)を率いるアンディー・エムブリーと直接一緒に働けるというのが一番大きかったです。彼は日本に来るまでEYアドバイザリーのEMEIA(欧州、中東、アフリカ、インド)を統括するマネージングパートナーでした。そのような多様な国々や巨大な組織を一手に取りまとめ、コンサルティング事業を成長させた経験とノウハウのある経営者は他コンサルティングファームの経営者層を見渡しても日本にそうはいないはずです。これまでの経験を超えるグローバル環境やレベルの高いコンサルティング環境にチャレンジしたいというモチベーションから、EYへの参画を決めました。

佐野様
EYのジャパンエリアはアドバイザリー部門だけでなく、監査・税務・トランザクションといったすべての領域でも多くのグローバルリーダーが日本に籍を置き、多様性を推進し、EYならではの大きな価値を生み出そうとしています。そのような姿勢に共感したのが主な参画理由です。グローバルリーダーシップの日本へのコミットメントと日本とグローバルの一体感が競合他社とは圧倒的に違うと感じています。

マッテオ様
私が惹かれたのは、EYが世界最大級の規模かつマーケット・海外で尊敬されているファームのひとつであること。EYジャパンはまさにこれから3ー5年にかけての急成長を目指してグローバルジャーニーを始めたばかりです。そのような組織の立ち上げ期に自分は新しいテクノロジーコンサルティングやデジタルトランスフォーメーションを日本でリードできるベストファームにしたいという熱意から参画しました。

鵜澤様

圧倒的なグローバルプレゼンスと
多国籍文化で組織横断的な働き方


みなさんのお話の中で「グローバル」が一つやはりキーワードになっているように感じます。多くのコンサルファームが同じようにグローバルファームを標榜していますが、他社と比べた際の違いはどういった点でしょうか?。

鵜澤様
確かに大手ファームはどこもグローバルとは言っています。ただ、ブランドは世界共通でも実態はかなりローカルでバラバラなフランチャイズ経営であったり、言語の壁やグローバル経験のなさから特定のパートナーや社員しかグローバルにコネクトしていないことが多いことは、この業界が長い方は皆よくご存じなはずです。(笑)


確かに、グローバルファームにいながらグローバル案件に思うように携われていない、という声はよく耳にします

鵜澤様
その点、EYは本当の意味でのグローバルコネクトがよくできているファームです。私自身の例でいうと東京勤務ですが、日本でのアドバイザリーCEOのアンディー(イギリス人)とタックスCOOのステーブ(アメリカ人)がダイレクトのレポートラインです。また、私が責任者をしているPASは日本では4チームに分かれており、そのうち1チームはアメリカ人の女性がリーダー。もうひとつ責任者をしているBDは、マネジャーがイタリア人の男性です。みんな東京にいますがひとりも日本語を話しません。アジア諸国のメンバーファームと会議や一緒に提案することも日常ですし、日本のアドバイザリー部門を立ち上げるためにグローバルリーダーも欧米から積極的に来日して意見交換やトレーニングをしてくれています。ここまで国際的な職場環境でグローバルモビリティやナレッジ共有ができているのは、大手ファームでもかなり珍しいのではないでしょうか。


グローバルマーケットでのポジショニング、存在感という観点では如何ですか?

佐野様
EYのグローバルプレゼンスは圧倒的です。私はアメリカとイギリスに住んだことがありますが、EYブランドはかなり尊敬されていまして、それは人材とサービスの質と厚みからきていました。世界で25万人以上がEYメンバーとして活躍していますが、各分野のスペシャリストの集合体といった感じです。EYはグローバルレベルで圧倒的なコンサルティング事業を展開していますが、世界展開の最重要地域として日本に大きな投資を行っている最中です。それゆえに他ファーム以上に世界展開の過程で日本にいながらにしてグローバルを感じることは数多くできるはずです。

マッテオ様
EYのアドバイザリーは複数のドメインとインダストリーグループで構成されていますが、それがサイロにならずに強いコラボレーション意識でつながっているのが特徴です。もっというと、EYは強いグローバルナレッジベースとグローバルピープルネットワークを梃にノウハウをどんどん互いにシェアする組織文化を持っており、真のグローバルファームといえます。他社での経験と比較してもグローバルシナジーとコラボレーションがEYの強みであり、良い職場環境を生み出す源泉になっていると感じています。

マッテオ様

BIG4のなかでも異彩を放つ
独自の経営スタイル


貴社は特に「BIG4」というくくりの中で他社と比較されることが多いと思います。エージェントという立場から各社拝見していると、BIG4の中でも戦略の違いがでてきているように感じるのですが…。

鵜澤様
その通りですね。私がBIG4の中でEYのユニークなグローバル経営戦略だと感じているのは大きく二つ。一つは、世界的に"Advisory CONNECTED" というスローガンで、EYグループのなかでのコンサルティング事業を1つの組織として集約化したことです。他ファームではコンサルティングファンクション以外に監査法人や税理士法人の直下で多様なコンサルティング事業を続けている部門が多くあり、クライアントからみてもわかりにくいし、同じブランドなのに人材やナレッジの共有もできていません。いち早く統合に向けて動き出したのがEYです。
もう一つは伝統的なエリアマネジメントです。先ほどグローバルから経営リーダーが日本に来ているという話をしましたが、いわゆる欧米からのトップダウンで外国人リーダーに経営支配されている、ということではありません。EYはAmericas(北米・南米)、EMEIA(欧州、中東、アフリカ、インド)、アジアパシフィック、日本と4つの地域が明確に定義されており、日本はまさに自主独立の地域です。グローバルに経営が横につながりながらも日本というマーケットはそこで働く我々が一番クライアントニーズやサービス提供価値がわかっているということで任されています。グローバルとローカルがうまくバランスが取れているのが特徴です。


先ほどもグローバルとの連携、というお話が出てきていましたが、それが戦略の中でも息づいている、ということですね。

マッテオ様
EYは主に米州と欧州でアドバイザリービジネスを伸ばしてきました。すでにいくつかの先進的なコンサルティング領域ではマーケットリーダーになりつつあります。その欧米で培ってきた人やナレッジ、アセットをフル活用して、現在はアジアと日本を成長させようとしている最中です。EYのグローバルアセットをどんどん日本という市場に持ち込み、グローバル組織とローカル側のタレントを上手く融合させてクライアントに付加価値を提供しようとしています。

佐野様
EYは「多様性と協調」に重きを置いて、それを実際の価値につなげることができている会社だと感じています。日本とグローバルとの地域連携、アドバイザリーと税務、トランザクション等他サービスラインとの提携などをファーム全体の価値最大化の視点からかなり密に実行しています。ブティックファームでは決してできないアプローチですし、BIG4のなかでも特に横連携は進んでいるはずです。

佐野様

グローバルファームでありながら、
起業家精神あふれる組織の醍醐味


大きく変化している最中とは思いますが、現在の組織風土はどんな雰囲気でしょう?

鵜澤様
日本はまさに立ち上げ期なので、起業家精神のような気持ちをもって働いている方が多いのではないでしょうか?もちろんグローバルファームの一員なので、世界共通のエスタブリッシュな雰囲気はありますが。実際、来年春に最新のオフィスに移転する際に大きく改善するはずですが、現在はバックオフィスの非効率なオペレーションや古いオフィス環境など至らない部分も正直あります。しかしそういう遅れている部分含めて、業界のなかでチャレンジャーポジションなのだからあえて不便を楽しみながらこれから変えていこうね、という前向きな姿勢です。出来上がった組織でない故に、指示待ちでなく変革のオーナーシップを持っている人が多いかな。

佐野様
自由度はかなり高いファームです。価値があると思ったことは遠慮なく取り組むことができ、また周りからの支援も積極的にうけることができます。付け加えると、筋の通ったプレッシャーというか、大きなやりがいを日々感じています。

マッテオ様
EYジャパンは近代的かつ若い組織へと急速に生まれ変わっています。近い将来、グローバルビジネスや新しいデジタルテクノロジーでビジネストランスフォーメーションを起こすコンサルティング領域で日本市場でトップファームになることができる勢いがあります。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

読者へのメッセージ


最後に、このインタビューをご覧になる方へのメッセージをお願いします。

鵜澤様
企業のビジョンや戦略、文化は実際に触れてみないと決してわからないものです。この記事をみて関心を持ってくださった方にはぜひ直接お会いしてお話がしたいです。
コンサルティングというビジネスは今後数年間で必ず劇的に進化します。従来の人数かける単価のモデルからアセット・ライセンスモデルになったり、もっとテクノロジーと人間の価値が組み合わさった新たな世界観の提案やデリバリーになるはずです。そのような変化の時代を一緒に駆け抜ける仲間を求めています。

佐野様
自分がどれだけの価値を生み出すことができる人間なのか、という問いに挑戦したい方は迷わずEYに来てください。チャレンジする土俵はしっかりと用意されています。働いている立場からの率直な感想ですが、実際にやりがいのある会社ですよ。みなさんのチャレンジを待っています。

マッテオ様
EYジャパンはまさにグローバルジャーニーをはじめたところです。我々は社会や人々の生活を豊かにし、クライアントのビジネスに価値を与えるような新しいテクノロジー適用やビジネストランスフォーメーションを進めていきます。その素敵なジャーニーに一緒に参加してくれる方々を心からお待ちしています。

鵜澤様
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー
ピープルアドバイザリーサービスリーダー兼ビジネスデヴェロップメントリーダー

鵜澤 慎一郎様

10年に渡る事業会社での財務・人事・新規事業開発経験後に2005年からコンサルティング業界に転身し、11年半の間に数多くの大規模・複雑・グローバルな人事組織設計・業務オペレーション改革・システム改革を手掛ける。HR Transformation 事業責任者やアジアパシフィック7か国のHRコンサルティング推進責任者経験を経て、2017年4月より現職にて人事・組織コンサルティング事業領域の総合責任者及びアドバイザリー全体のターゲットアカウントマネジメントを推進するBDリーダーとなる。

佐野様
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー
ライフサイエンスセクターリーダー

佐野 徹朗様

外資および内資系製薬会社を中心に、全社戦略・コマーシャルエクセレンス・組織再編等の策定から実行まで幅広く支援。ビッグ4ファーム、米系戦略コンサルティングファーム、ベンチャー経営を経て、2016年にEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングへ参画。ロンドンビジネススクール金融学修士、オックスフォード大学経営学修士。ケンタッキー州立大学会計学専攻。

マッテオ様
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー
テクノロジー デジタルチームリーダー

Matteo Bortesi様

情報通信業界を経てコンサルティングファームへ転身。コンサルティングファームではヨーロッパ、アジア、日本と通算18年の経験を有し、セールス&デリバリー、コンサルティング、システムインテグレーション、アウトソーシング等、多方面でリーダーシップを発揮。2016年に参画したEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングでは、IOTやAIなど先進的なテクノロジーをビジネスの世界に適合するサービスの立ち上げをリードする。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

EY Japanにおける4つの主要サービスAssurance(監査)、Advisory(アドバイザリー)、Tax(税務)、TAS(トランザクション)のひとつである「アドバイザリー」業務を担う。EYによって開発された手法およびツールを使い、さまざまな分野のスペシャリスト達が知見を加えた、高品質なサービスをクライアントに提供している。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社の求人情報

募集職種1 ピープルアドバイザリーサービス(人事・組織コンサルティング)
職務内容 グローバルHRトランスフォーメーション(人事組織設計、人事業務改革、人事システム導入)、チェンジマネジメント、ワークフォースマネジメント、リーダーシップ開発、HR M&A及び組織再編、人事制度設計、グローバルモビリティ等
応募要件 【必須】

  • 人事コンサルタント経験または企業人事部門での実務経験
  • 人事IT導入経験や大規模システム改革経験
  • グローバルビジネス経験や組織風土変革経験
  • エグゼクティブディレクターに求める経験:部門やサービスラインのリーダーとしてチーム作りへの貢献

【あると望ましい能力】

  • 以下の経験・資格をお持ちの方を歓迎します。

  • コンサルタント、またそれに類する立ち位置で複数のプロジェクトを経験(英語でビジネス経験あることが望ましい)

募集職種2 ライフサイエンス
職務内容 製薬企業を中心としたライフサイエンス関連企業への経営・業務コンサルティング全般
- ビジネス業務改善と最適化実現
- 営業戦略 & マーケットアクセス
- データマネジメント全般
- サプライチェーン戦略策定
- IT戦略立案、サイバーセキュリティ支援
- 研究開発領域における業務改革 等
応募要件 【必須】

    【全タイトル】
    - 海外でのビジネスや、留学経験を持つことが望ましい(英語圏)
    【メンバークラス】 
    - 製薬企業や医療機器メーカーなど、ライフサイエンス関連企業でのビジネス経験、またはコンサルティングファームでの経験を有すること (3年以上)
    【マネージャークラス以上】
    - 製薬企業や医療機器メーカーなど、ライフサイエンス関連企業でのビジネス経験、およびコンサルティングファームでの経験を有すること (5年以上)

募集職種3 テクノロジー
職務内容 テクノロジー・イノベーション分野におけるコンサルティング全般
- データアナリティクス
- 人工知能
- IoT
- ブロックチェーン
応募要件 【必須】

    - テクノロジーまたはコンサルティング業界で5年以上の経験
    - ビジネスレベルの英語力
    - IT・ビジネストランスフォーメーションの経験
    - プロジェクトマネジメント力 及び 高水準のプロジェクト遂行力
    また、業界知見 (自動車、ライフサイエンス、金融、公益事業、通信、メディア、ハイテク分野等) をお持ちの方は尚可

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?