「セリングだけでなくマネジメントもしたくない」スペシャリスト志向のコンサルタントのキャリアパス

アクシスコンサルティングの福原です。先日公開したコラム

「給料が下がる以上にセリングが辛い」シニマネはどう生き残ればいいのか?

の末尾に「セリングなしでのプロモ―ション」という話をしましたが、多くの会社ではマネージャー以上になると「セリング」に加えて「組織運営・組織マネジメント」のミッションが出てきます。

中には、上記のようなことはしたくないというスペシャリスト志向の方が一定数いるので、そのような方のために各ファームで「スペシャリスト職」というのが用意されてきています。

そこで、今回はセリングだけでなく組織マネジメントのミッションも背負わない「エキスパートやスペシャリスト」のキャリアパスについてご案内差し上げます。

【目次】

          1. 各ファームで用意されている「スペシャリスト職」の内容
          2. 各ファームにおけるスペシャリスト職で求められること:強烈なコネクション、特定領域の第一人者
          3. 戦略系には少数精鋭の為、メンバー育成や管理の必要性がないファームも

各ファームで用意されている「スペシャリスト職」の内容

■マネジメントについて

こちらはプロジェクトと組織に分けてご案内します。

・プロジェクトマネジメント

こちらはプロジェクトデリバリーには欠かせない要素なので、スペシャリスト職でも担当することとなります。

・組織マネジメントや社員・部下の育成マネジメント

これがミッションから外れる点がスペシャリストの特徴です。組織運営よりもクライアントの課題解決にコミットされたい方には最適な環境です!

■営業活動について

こちらは“会社による”というのが実態です。以下に事例を挙げてご案内ます。

【日系総合ファームA社の場合】

同社の場合、組織マネジメントに加えて営業責任も外れます。そもそも同社の場合はマネージャー・シニアマネージャーまでは営業目標を達成しなくても評価で減点されることはなく、案件を獲得出来たら加点されるイメージです。プロジェクトデリバリーに専念できる環境が用意されています。

【外資系総合ファームB社の場合】

同社は個人のスキル次第で異なってきます。持ち合わせている専門性をフル活用することがミッションとなり、プロジェクトのデリバリーに長けている方は現場PMのプロフェッショナルとして。また、ある業界の第一人者で広告塔と慣れる方は、主に営業活動(講演・執筆・提案活動等)をメインに活躍されている方もいます。

上記から、スペシャリスト職においては

  • 組織マネジメント:多くの会社でミッションから外れ、クライアントの課題解決にコミットしやすい
  • 営業活動:企業ごとに異なるので、ご自身の経験値のマッチ度を計る必要有

というイメージでしょうか。

各ファームにおけるスペシャリスト職で求められること:強烈なコネクション、特定領域の第一人者

ここでは、各ファームにおけるスペシャリスト職の職位と、同ポジションに就くために求められるスキルや経験について具体的にお伝えします。

【日系総合ファーム A社の場合】

同社の場合、

「コンサルタント⇒シニアコンサルタント⇒マネージャー⇒シニアマネージャー」

というキャリアとは別に、よりプロジェクトデリバリーに特化いただく方を対象として

「スペシャリスト⇒シニアスペシャリスト⇒エキスパート⇒シニアエキスパート」

というキャリアが用意されています。

【外資系総合ファームB社の場合】

同社でもマネージャー以上にはスペシャリスト職が用意されています。

「マネージャー⇒シニアマネージャー⇒マネジングディレクター」に対して

「プリンシパル⇒シニアプリンシパル⇒プリンシパルディレクター」となります。

尚、同社でプリンシパル側のキャリアを歩んでいる方は、それぞれが特定領域で社内の第一人者であるようです。例えば、金融業界向けのコンサル部門にてプリンシパル職をしている方は

  • 「日銀総裁とコネクションを持っている」
  • 「赤色銀行のトップとコネクションを持っている」
  • 「特定領域の有名人で定期的に講演会の依頼が社内外から入る」

といった方々のようです。そのため、日系総合ファームA社に比べるとハードルの高さがありそうです。

【外資系総合ファームC社の場合】

同社の場合はパートナークラスにのみスペシャリスト職が用意されています。

役職名:「マネジングディレクター」

こちらは外資系総合ファームB社以上に「特定領域では右に出るものがいない」といった位置づけのようで、同社のパートナークラスの中でもマネジングディレクターを名乗っているコンサルタントは1桁台です。

【外資系総合ファームD社の場合】

同社では、スペシャリスト職の制度はございません。ただ、インダストリーコンサルタント(セクター)部門であれば各業界10名程の所属でいずれもマネージャー以上が中心の為、入社後に部下育成などをする機会は少ないかと思います。

戦略系には少数精鋭の為、メンバー育成や管理の必要性がないファームも

また、少人精鋭のファームの場合、そもそもメンバー育成や管理が必要ないといったケースもあります。 こちらはスペシャリスト職という役割はありませんが、ベテラン層が中心に在籍しているため、管理が必要ない自走組織という意味で、ご意向と少なからずマッチするかと思います。

=================

今回の記事では、「セリングだけでなくマネジメントもしたくない」スペシャリスト志向のコンサルタントのキャリアパスをご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×