お客様の満足感が、そのまま会社の業績につながる。
そんな仕組みをつくっていきたいです。
(祝佑斗)

新卒でアクシスコンサルティングに入社した祝佑斗。飄々としたキャラクターで先輩キャリアコンサルタントとも対等に渡り合う若手のホープは、仕事のやりがい、そして今のアクシスについてどのように考えているのだろうか。

祝佑斗

自分自身を商品にする

-かなり早い段階でアクシスコンサルティングに内定が決まり、そこで就職活動を終了したそうですね。

最初に内定をいただいたのがアクシスでした。その時点で選考が進んでいた他社には辞退の連絡をいれ、アクシスに入社することを決めました。

-なぜ、すっぱりと決断できたのでしょうか。

自分自身を商品として売る仕事をしたいと考えていました。「モノ」を売る仕事だと、そのモノが好きになれなかったときに、自分の気持ちに無理が出てくる。でも、自分が商品であれば、その質を高めるのは自分次第。そのような考えから、はじめはコンサルティングファームへの就職を希望していました。

一方で、業界研究や、面接を進めていくうちに、自分が本当にやりたいのは、「対企業」ではなく、「対人」と思うようになりました。企業が相手だと大きすぎるような気がしたんです。そこで人材紹介という仕事に目が向くようになりました。

アクシスに入社したのは、選考の過程でとてもいい印象があったから。自分を評価してもらえている感じが伝わったのが大きかったです。

-人材紹介業界の最大手というわけではないですよね。そこは気になりませんでしたか?

大手も受けたのですが、歯車感が否めず。それは避けたかったんです。元々ベンチャーにマイナスイメージはなかったので、アクシスの歴史、規模は十分だと思いました。

キャリアコンサルタントという仕事

-実際入ってみていかがですか。

求職者の要望を聞いて求人案件を紹介することは想定していました。一方で、求人を出す企業側とのコミュニケーションについては、あまりイメージがなかったのですが、始めてみるととてもおもしろかった。

あとはデスクワークが想像していた以上に多かったです。求職者にせよ、企業側にせよ、要望に応えるには念入りな下調べが必要ですから。また、アクシスの特徴として、情報の共有を大切にしているというのもあります。社内向け発信の頻度が非常に多いと思います。

-ご自身が手がけた案件で思い出に残っているエピソードはありますか。

はじめて転職のお手伝いをしたお客様です。有名メーカーの人事部で働いていらっしゃいました。最初にお話を伺った際には、コンサルティングファームへの転職をご希望されていたのですが、気持ちを掘り下げるうちに、人事系を突き詰めたいという結論になりました。

そのときちょうど、お客様にぴったりと思える求人があったんです。でも、アクシスのその企業の担当者に履歴書を見せたところ、キャリアが合わないと一度NGを出されてしまって。

-少し補足をすると、アクシスのキャリアコンサルタントは、それぞれ自分の担当する求職者と企業とがあります。自分が担当する求職者を、別のコンサルタントが担当する企業に紹介する場合、そのマッチングが最適か、コンサルタント同士で検討します。

企業担当としては、明らかに求人要件と異なる人を紹介すると信頼問題になりますから、シビアになるのも当然です。ただ、このお客様の場合は、履歴書にうまく表現できていない経歴や強みがあると感じました。

そこでお客様と相談しながら、履歴書を作り直して、再度担当に直談判したんです。自分の熱意が通じて、企業に打診をしてみることになりました。その結果、面接は滞りなく進み、内定。入社して今も楽しくお仕事をされています。

大家族主義というカルチャー

-初めて手がけた案件ということで、まだ祝さんご自身が入社してそれほど経っていないころですよね。企業側のベテラン担当者と交渉するのは難しくなかったですか。

難しくはありませんでした。アクシスでは役職や年齢が上の人と交渉することはあまり大変ではありません。ロジックがおかしくなければ、受け入れてくれます。チームワークを大切にしているからこそです。

-アクシスは、「大家族主義」を標榜しています。

立場は尊重しつつも、お互いにサポートするというカルチャーですね。歳下でも、正しい意見であれば受け入れてくれる土壌がある。

アクシスは熱い会社ですよね。私自身はどちらかといえば暑苦しいのは苦手なのですが、不思議と嫌ではありません。理不尽にガツガツしたり、強制されることがないからだろうと思っています。ベンチャーの社風はありつつも、落ち着いている。自分にとっては適温なんです。

-そのような文化に助けられることはありますか。

私はまだ年齢も若いので、お客様に対して自分の経験だけでは語れないことは当然出てきます。しかしアクシスの場合、キャリアコンサルタントの背後で、きちんとチームとして動いている。お客様のサポートを担当者一人の主観で進めずに済むのです。

-ご自身の成果という点ではいかがですか。

今年度については、達成できている部分もあり、もう一息という部分もある。この仕事は、どうしても運というかタイミングによる部分もあるのですが、なんとか目標を達成したいです。

将来の自分

-五年後、どのような姿をイメージしていますか。

アクシスで人材紹介の仕事を続けていると思います。今よりもさらに成長していたいです。自分が納得して、お客様にとっても満足できるサポートをして、その結果売上がついてくるという状態を作ることができれば素敵ですよね。それが自然にできるようになりたい。

-どうすれば実現できるでしょう。

一つの指標は、自分が担当したお客様から、どれだけ他のお客様をご紹介いただけるかだと思います。自分のサポートに満足してもらえなければ、絶対にご紹介いただけませんから。

極論を言えば、自分が立っているだけで自然に紹介が入ってくる。そのサポートに全力を尽くすことで、成果を生み出すことができる。そんな姿が理想です。信用で仕事が回っている。

あとは、会社の仕組み作りにも携わりたい。バックオフィスの仕事にも興味があります。お客様に支援され、信用される回路を作る。お客様の満足度が、そのまま会社の業績につながる、そんな仕組をつくりたいと考えています。

祝佑斗

業務が多忙なため週末は寝ていることが多い、と笑う祝。ワークライフバランスをとるのは難しいが、乗り切っていきたいと言う。星を見ることが趣味で、ときどき恋人と一緒にプラネタリウムを訪れるそうだ。

< スタッフ一覧へ戻る