「人」がよくないと会社は成り立ちません。その最適なマッチングをサポートしていきたい。
(河東孝至)

国内最大手の信用調査会社で長くキャリアを積んだ河東孝至。新天地にアクシスコンサルティングを選んだ。様々な経営現場をつぶさに見てきた経験は、キャリアコンサルタントという仕事にどのように生かされているのだろうか。

河東孝至

新規開拓がやりたかった

-新卒でリース会社に就職したそうですね。

いろいろな業界を見てみたいという気持ちが強くありました。大学では経済、特に企業財務を学んでいたので、金融関連を就職先に選んだんです。

-業界でもかなり大手ですが、当時はどのような業務をしていたのですか。

法人営業を担当していました。扱えない商品はない、という会社でしたので、事務機器から建設機器まで幅広く。上場会社を担当していたので、たとえば大手金融機関のパソコンの一括リースなど、規模の大きな仕事に携わる機会が多かったですね。

-やりがいのあるお仕事だったと思いますが、三年弱で新天地に移ります。どのような背景があったんですか。

ずっと新規開拓をやりたいという思いがありましたが、当時は基本的にルートセールスでした。会社に相談したものの、あまり新規を手掛ける機会がなかった。あと、自分には大きすぎる会社だと考えていました。ベンチャー志向があったんです。

ベンチャーでの挫折

-そして、次の活躍の場としてソフトウェア会社を選ぶわけですね。

社員二人という会社でした。つまり社長と私だけだったんです。知り合いから社長を紹介されて勤めることになりました。コールセンター向けのCRMソフトを開発する会社で、音声処理に強みがあった。社長が開発し、私が売る。そんな生活が始まりました。

-ベンチャー志向があったとはいえ、あまりに劇的な変化ですね。

まだ二十代半ばでしたから。失敗してもいいという気持ちで飛び込みました。会社四季報を見てひたすらテレアポをする日々でした。

ただ、現実は厳しかった。全然売れなかった。そして給料も出ない。売れなければ給料も出しようがないというシンプルな事実に、恥ずかしながらこのときに初めて気づきました。

結局一年半で離れることに。大きな挫折でしたね。ただ不幸中の幸いというべきか、この会社はその後売上が伸びて、今は安定した経営を続けています。だからこそ当時の自分の力不足を痛感するのですが。

中小企業の経営課題

-失意の中、調査会社に移ります。ビジネスマンなら知らない人はいない有名企業ですね。

9年在籍しました。大学で財務を学び、リース会社でファイナンスに関わり、そして社長の側で働いてきた。やはり自分は経営に興味がある。ここなら経営を間近に見られるのではないかと考えました。調査兼営業という立場で、中小企業を中心に新規開拓もしながら数多く訪問しました。

-どのような業務だったのでしょうか。

企業とは調査の依頼から付き合いが始まり、結果としてその会社を深く知ることになる。自然にコンサルタントのような役割を担うことになるんです。

事業内容や財務状況を分析したレポートを作成して提出するのですが、そのために毎日のように企業の決算書を読んでいました。また、聞くだけではなく、財務内容の改善ポイントをお伝えしたり、経営課題を解決するサービスを提案したりしていました。

-難しそうですね。

上場企業の有価証券報告書は、前職の経験上よくわかっていたのですが、中小企業は勝手が違いました。一社一社の状況がまったく異なるので、損益もバランスシートも様々。中小企業の経営は本当に難しいことなのだと実感しました。

アクシスコンサルティングへ

-そこで長く働いたあとアクシスに移るわけですが、これまた劇的な変化ですよね。経歴に通じる部分があるとはいえ、キャリアコンサルタントという畑違いの仕事に就いたわけですから。

かなり悩みました。ただ、いろいろな企業を見てきて、また自分自身が小さいところで働いてみて感じたのは、やはり会社は人がすべてだと。いくら魅力的なサービスや資産を持っていても、結局は中で働く人次第。人がマッチしていないと、企業は成り立たない。

一方で、そのような企業は大抵求人に苦戦しています。だから人材と会社をうまくマッチングさせたいと思うようになりました。

加えて自分のベンチャー志向の部分ですね。やはり大きな会社でしたから。チャレンジするなら今しかないと思った。

-数多くある人材紹介会社の中でアクシスを選んだのはなぜですか。

事前にあれこれ調べましたが、すごい人たちがいるな、と感じたのが一番の理由です。この人たちと働いてみたいと思いました。あとは現実的に、未経験の自分を採用してくれるかという問題もありました。アクシスは経験よりも人となりを見てくれましたから。

中小企業の支援をしたいという思いがあったのですが、アクシスはコンサルティング業界を中心にしたミドルからハイキャリアの人材を支援することが多い。その点だけは合わなかったのですが、自分が結果を出せば、将来的に挑戦できるという話もありました。それでアクシスにお世話になることにしたんです。

キャリアコンサルタントとして

-入社してみていかがでしたか。事前のイメージと合っていたところと異なっていたところとあると思いますが。

キャリアコンサルタントを志向する方の多くは、転職希望者の支援をするというイメージで入社されると思います。そのため求人を出す側、つまり企業側とのコミュニケーションに最初は戸惑いを覚えることもあるようです。一方、私は企業との付き合いをずっとしてきた人間ですので、この点についてはスムーズに取り組めたと思います。

難しかったのは逆側ですね。アクシスが転職をサポートするのは、コンサルタントの方が多い。コンサルタントとしての優秀さと、私が長く付き合ってきた中小企業の経営者としての優秀さは種類が違うものです。入社当初は、企業と人材のマッチングの難しさをよく感じていました。

-アクシスのように、領域を特化した人材紹介会社で働くために必要なことはありますか。

もちろん専門性は身につけなければいけません。コンサルティング業界やIT業界の専門知識や情報。これは仕事を進めるうえでの前提条件です。

ただ、実際に仕事をしていく中で、必ずしもコンサル出身、IT出身の人間がキャリアコンサルタントに合うとも限らない、と思うようになりました。これはすべての業界に言えることですが、仕事の現場というのは、実は結構せまい。場合によっては、隣の部署が何をやっているのか、よくわからなかったりする。

たとえば、ある企業の雰囲気が悪い、と出身者が語ったとしても、よくよく話を聞いてみるとその人と上司の関係性だけの問題だったり。外から客観的に俯瞰することで、見えることもあるんです。

あとはアクシスがチームワークを大切にしているのも大きい。ベテランだけでなく、若手も自分が持っている情報を惜しげもなく教えてくれる。助け合うのが自然になっています。キャリアコンサルタント個人の経験不足をお客様に転嫁することがないように、という姿勢は本当に素晴らしいと思います。

このような会社のカルチャーは代表の山尾が醸成していますよね。パッションを持っていて、社員ひとりひとりをきちんと見てくれている。そんなふうに感じています。

河東孝至

学生時代はバスケットボールに熱中していたという河東。数年前に高校の同級生に誘われて再開し、ときどき大会にも参加するという。大学で心理学を教えている妻とは、平日時間をあわせられないぶん、週末連れだって散歩に出かけ、しっかり話す時間を取っているそうだ。

< スタッフ一覧へ戻る