「結婚式のスピーチをお願いできませんか?」転職をお手伝いした人から頂いた、最高の賛辞の言葉です。
(三石真司)

アクシスコンサルティングの若手とベテラン双方が厚い信頼を寄せる三石真司。キャリアコンサルタントの仕事を自身の天職である、と言い切る彼は、長期的な視点で、求職者を支援することを信条としている。また、実績を残しながらも、決して現状に甘んじることは無く研鑽を続ける。常に危機感を持ち周囲とも激論を交わす熱血漢である。彼の目に映るアクシス、そしてキャリアコンサルティングという仕事について話を聞いた。

三石

感じた限界とキャリア

-三石さんは大手IT企業(東証一部上場)でのシステムエンジニアとしてキャリアをスタートされていますよね?

大学では情報工学部で学び、4年間、プログラミングやアルゴリズムなど、IT漬けの毎日を送りました。卒業生はほぼIT系の進路に進む大学でしたので、考えることもなく、自分もシステムエンジニアとしてのキャリアを選択しました。

-社会人のスタート、いかがでしたか?

はじめは順調でした。同期は100名ほどいましたが、半分くらいは文系出身で、パソコンもろくに触ったことが無い、という状況でしたから、大学で4年間学んだIT知識がアドバンテージになって、3ヶ月間の新人研修でも、成績は上位で注目されていました。

流通業界グループに配属後も、同期の中で最速で客先に一人で出させて頂き、大手アパレルメーカーや玩具メーカーなどを担当させて頂き、やり甲斐を持って働いていました。

経験を買われて、2年目に社内トップクラスの大型プロジェクトのメンバーに抜擢された時は鼻が高かったですね。

-順調な滑り出しだったんですね。でも、そのまま順調には行かなかった?

はい。実は、その抜擢されたプロジェクトが大炎上してしまって。終電が続き、土日はぐったりして寝るだけの日々が続きました。それでもいつかはカットオーバーが来る、と気力を振り絞って頑張っていたのですが。。

そんな生活が1年ほど経過した頃、同期達がめきめきと頭角を表わしはじめていて。正直、焦りを感じました。だって、大学4年間のアドバンテージが、あっという間に無くなっていたんですから。

聞けば、有志で就業後や休日に勉強会を開いているらしく、「好きこそものの上手なれ」の言葉の通り、ITのことが本当に好きな連中、情熱を持った人たちには叶わないかもな、って妙に悟ってしまったんです。だったら、自分は何がしたいの?って、自問自答する日々が続いて。答えが出るわけもなく、悩んで悩んで悩みましたね。

キャリアの模索と出会い

-それでなぜ、キャリアコンサルタントに?

ある時、友人に誘われて(この友人は後に起業するのですが、それはまた別のお話)、早朝に開催されている若手ビジネスパーソンの交流会に参加する機会があって。10数名くらいの会でしたが、参加者全員、軽い自己紹介と名刺交換をして、主催のベンチャー企業の社長を囲って朝食を食べながら、互いの仕事について話をしたり、経営についての話を聞いたり・・・。

すごく刺激的でした。就職活動では1社しか受けなかったので、ほとんど業界研究することもなく、就職を決めてしまっていて・・・。他の業界の仕事の話を聞くだけで、世界が広がったような気がしました。

そこからは、とにかくいろいろな交流会や勉強会に顔を出すようになりました。社会人と学生の交流会。500名くらいの大規模なものもありました。読書会。全員で同じ書籍を読んだ後に、ディスカッションをしました。

異業種交流会。本当に様々な職業の方とお会いしました。例えば、現役の宝塚女優や、ダイエットアドバイザー、オーダースーツの仕立て屋、etc.他にもここでは言えないような怪しげな職業の人ともたくさん会いましたが、ここで運命を変える出会いがありました。それは外資系のコンサルティング会社出身のヘッドハンターとの出会いです。

-なるほど。「キャリアコンサルタント」の仕事と「コンサルティング業界」に運命の出会いをされたわけですね。

とにかく頭の回転が早くて、何より話が面白かった。こんな優秀な人がいるんだ、とコンサルティング業界に興味を持ったことを覚えています。それから、ヘッドハンター、キャリアコンサルタントという仕事も、この時、初めて知りました。他人のキャリアを支援する、という職業が存在したとは!と目から鱗でした。

自身のキャリアに悩み抜いた自分だからこそ、同じように悩みを持った人達の役に立てるかもしれない。それから、頑張っている人や、情熱を持った人達がより自分らしく輝けるように応援したい。当時、そんなふうに考えました。

思えば大学の進路選択、就職活動について、なんとなく目の前に敷かれたレールを歩いていただけで、ろくに自分の頭で考えて選んではいませんでした。初めて、自分が情熱を注げる仕事を見つけた、と興奮したことを覚えています。あとは一直線でした。

その後、厚生労働省が管理監督するキャリアカウンセリングの養成プログラムを卒業し、IT業界、コンサル業界の転職支援に強いアクシスに参画しました。

-なぜ、数あるエージェントの中で、アクシスを選ばれたのですか?

代表との面接で生意気にもこのような質問をしました。「もし、アクシス経由で内定した企業(A社)と、他社経由で内定した企業(B社)、明らかにB社が優れていたら、B社を勧めても良いですか?」その回答は私の期待を上回るものでした。

「躊躇なく、B社を勧めて欲しい。ただし、プロフェッショナルとして、B社よりも、お客様によりフィットした企業を提案できるキャリアコンサルタントになって欲しいし、育ててやる。」と。

そして決め手は、お客様を主役とした逆ピラミッドの考え方に共感したことです。

「お客様が一番上。お客様を支援する従業員が二番、それを支援するマネージャは三番で、社長は一番下。社長である自分は偉くもなんともない。社長というのは、ただの肩書であり、ただの役割に過ぎない。お客様に対峙する皆が働きやすい環境を整えるのが、自分の役割だ。」と代表の山尾が話したことを鮮明に覚えています。

入社後、代表の言葉が本物であったということを実感しています。顧客目線、長期的視点でお客様を支援するスタイルが自身には合っている。

天職と言えるまで

-三石さんは今の仕事を天職、と言いますが、その魅力はどのようなところ?

1つ目は、一期一会の出会い。地方に在職の方で、東京に婚約者がいらっしゃるお客様の支援をさせて頂いた時のことです。無事に東京への転職を果たされた後、結婚されたのですが、その時、結婚式に呼んでいただけただけでなく、スピーチ役も任せて下さったんです。

その後もプライベートでも交流があり、5年以上のお付き合いになります。お客様とキャリアコンサルタントという関係を超え、人として信頼され、お付き合いできることがある。この仕事の醍醐味に触れた忘れがたいエピソードになりました。

その他にも、長期的にお付き合いさせて頂いているお客様とは、お互いの子供の為に、絵本や玩具をプレゼントしあったり、ホームパーティーに呼んでいただいたり、一緒に勉強会を開催したり、ランチをしながら、近況報告をしあったり。転職ありきではない交流が多くあります。

お客様にお誘いいただいて、いろいろ新しいことにチャレンジもさせていただくこともあります。海釣りや、登山、皇居ラン、ユニークなものだと、サルサダンスが趣味のお客様に便乗して、サルサ教室に通ったことも(笑)。

-三石さんは、いつも本当にお客様と楽しそうに接していますよね。

はい。「転職先の企業で、昇格出来ました!」「結婚しました!」「子供が生まれました!」「起業しました!」などのご連絡を頂くことも多いのですが、その時は自分の事のように嬉しくて思わず、飛び跳ねてしまいますね(笑)。

ライフイベント(結婚、出産、育児、介護など)をきっかけとした転職のご相談は非常に多く頂きますが、自分自身も、結婚、マンション購入、第一子の誕生など経験することで、仕事以外の部分でも、お客様に共感出来ることが増えて、ようやく、キャリアコンサルタントとしての奥行きが出て来た気がしています。

二つ目は、常に知的好奇心を満たし続けられ、日々成長が実感できる点です。アクシスはコンサル業界とIT業界を軸に置いていますが、特にコンサル業界は、多様な産業、多様な職種に繋がっており、また時代の最先端のテーマを扱う業界です。

例えば業界だと金融、製造、流通、通信、ハイテク、メディア、公共、医療など。職種だと経営企画、事業企画、マーケティング、IT企画、人事企画、営業企画。最先端のところでは、M&A、グローバル投資(特にASEAN)、デジタルマーケティング(ビッグデータ含む)。

-学ぶことが多くありそうですね。

そのとおりです。コンサルティング業界への転職希望者、現役コンサルタントを支援する為にも、自身が学ぶべきことは、広範囲に及びます。学習量はシステムエンジニア時代のそれを凌駕し、自宅のデスクと本棚は関係書籍で溢れ返るほどですが、不思議と苦に感じません(笑)。

お客様から教えていただくことや刺激をいただくことも多く、日々、成長を実感できる、とてもエキサイティングな仕事だと感じています。

仕事を通じて、1人でも多くの人に、生き生きと働くきっかけや気づきを与えられたら、と思っています。だから、相談は転職あり気では無くても構いません。面談では、仕事の話だけではなく、プライベートの話や将来の話なども一緒に聞かせていただけたらうれしいですね。

三石

社内でも愛妻家で知られる三石だが、少し前に念願の父親となった。週末は家族とのんびり過ごすのがお気に入り。週末は、娘をお風呂に入れるのと、皿洗いは僕の役目です。九州男児は亭主関白で家事をしないと思われているが、佐賀人はあてはまらない。そう言って胸を張った。

< スタッフ一覧へ戻る