仕事は一生続けるもの。「人のために」がないと、モチベーションを保てないと思うんです。
(坂本健太)

物おじしない性格と、人に対する深い洞察力で、社内で存在感を示す坂本健太。アクシスコンサルティングに新卒で入社し、活躍しているメンバーの一人だ。なぜ彼はアクシスを選んだのか。仕事のやりがいとともに話を聞いた。

坂本

人のために働く。

-学生時代は、どんなことを考えて就職活動をしていたのですか。

人の転機に関わる仕事に就こうとしていました。考えた結果、お金と家だと。それで金融業界や、住宅メーカーを受けていました。

-「人」という発想はどこから出てきたのでしょう。

人のためにいろいろやるのが好きだったんです。と言っても面倒くさがりだったので、飲み会の幹事などは避けていたんですけど。ただ、たとえば友人の勉強に付きあってあげたり。そういうことが昔から多かった。

仕事は、一生続けるもの。自分のためだとモチベーションが保てないと思ったんです。「人のために」がないと一生やってはいけないなと考えました。

内定をためらう

-順調にいくつかの企業から内定をもらいました。

信用金庫や住宅メーカーでしたが、いまひとつ自分の腑に落ちないところがありました。

そのころ友人が就職活動がうまくいかず悩んでいたんです。コンサルタント業界に行きたがっていたので、彼を手伝って就活サイトをチェックしていたら、偶然アクシスコンサルティングの名前を見つけました。

-「人のために」動いた結果が、アクシスとの出会いだった。当時、人材紹介業は坂本さんのスコープに入っていたのですか。

大手はいくつかエントリーしましたが、途中で辞退しました。だから、はじめはあまり興味がなかったのだと思います。
ただ、アクシスにはなんとなく惹かれるものがありました。それで友人の代わりのような形で、説明会に出席することにしたんです。

アクシスコンサルティングへ。

-どんな印象でしたか。

一次選考は、荒木田のプレゼンテーションがありました。その後がグループワークだったのですが、自分とフィーリングが合うなと思ったんです。

二次選考では、山尾社長や、田畑、三石が出席しました。「アクシスの10年後を考えるインタビュー」という題目で、彼らと話したのですが、とても感じがよかった。それで入社を決めました。

-内定していた他企業に比べると、だいぶ小規模だったと思いますが。

そこに不安はなかったです。倒産しても自分が死ぬわけではありません。他でもやっていけるという自信もありました。

-実際に入社してみていかがですか。

業務を進める上でのコミュニケーションにおいて、立場の上下に関係なく、なんでも話すことができます。話に筋が通っていて理不尽なことを言わない。

自分の強み、課題

-人材紹介という仕事については。

やりがいもあるし、楽しいです。ただ、自分には向いてない面もあるかなという気持ちもあります。人と話すのが得意な方ではないんです。

-まったくそう見えませんが。

本質的には人見知りな人間です。お客様と話す日は常に緊張しています。これはきっと一生変わらないんじゃないかな。ただ、緊張する分、事前にしっかり準備をして、深く洞察することを常に心がけています。

たとえばお客様ごとにコミュニケーションの好みは違います。メールの回数。電話のときの距離の取り方。言葉づかい。すべて相手に合わせて変えています。お客様の状況を素早く把握する力には自信がありますし、自分の性格が仕事に役立っている部分です。

-逆に課題や困っていることはありますか。

能力はまだまだ足りてないと思います。特にマルチタスクのスピードをもっと上げたいです。

仕事の大変さはためこまないようにしています。困ったら素直に言う。先輩の皆さんが通ってきた道ですから、話せばきちんと気にかけてもらえます。

-初めて転職のお手伝いをしたときのことは覚えていますか。

二十代半ばで、不動産営業をしていた方です。岡山県在住だったので、はじめは電話でのやり取りでした。企業面接で東京にいらっしゃるたびに、お会いしましたね。

同期と先輩の存在

-坂本さんは、アクシスに同期入社の仲間がいますよね。

同期がいてよかったと思います。ライバル心はありますが、そこまでは強くない。みんなで頑張っていくのが好きなので。

自信があるという話と矛盾するかもしれませんが、自分のことを弱い人間だと思っているので、チームでやらないと勝てない気がするんです。だからこの環境はとてもよかった。

一方、新卒でアクシスに入った社員というロールモデルがそれほど多くいるわけではないので、この点は自分で切り開いていかないといけない。今の仕事はとても気に入っているので、今後アクシスに入社する新卒社員のためにも、きちんと姿勢を見せていきたいと思います。

坂本

ワークライフバランスはとりにくいが、そこまで気にしてはいないという坂本。週末は大学時代のサッカー仲間たちと飲みに行くことが多いという。公務員や銀行員、学生など進路は様々だが、仕事の愚痴が一切出ない関係をとても気に入っている。

< スタッフ一覧へ戻る