野球に打ち込んできた経験が、キャリアコンサルタントとしての今につながっています。
(梅本昇平)

アクシスコンサルティングは新卒社員を積極的に採用・育成している。梅本昇平もその一人だ。同期と先輩に囲まれながら一歩一歩成長を続ける梅本は、なぜアクシスを選んだのか。その背景にはどのような思いがあるのだろうか。

梅本昇平

野球と家族から学んだこと

-梅本さんは新卒でアクシスコンサルティングに入社しました。どのようなきっかけだったのですか?

小学生のころからずっと野球をやっていました。そのため、働く場所もチームワークを大切にしているところにしたいという思いがありました。あと代表の山尾の話がおもしろかったんです。オープンでプライベートのこともいろいろ話してくれて。そこに惹かれました。

-アクシスのカルチャーに惹かれたわけですね。人材紹介業界は、はじめから志向していたのですか?

人の一大イベントに関わる仕事をしたいと考えていました。人にフォーカスするようになったのも野球の影響です。チームや組織。メンタル。人間関係といったものの大切さを、高校野球の顧問から繰り返し説かれましたから。

-梅本さんにとって野球は本当に重要なものなんですね。

中学校のときは本気でプロになりたいと思っていました。岡山出身なんですが、高校も過去に甲子園に出場しているところに進学して。高校ではBチームでキャッチャーをしていました。Aチームに入ることもときどきあったのですが、定着はできませんでしたね(笑)。

大学でも野球に熱中したかったんですが、ケガをしてしまって。体育会系の部活ではなく、サークルで野球を楽しむことにしました。その分、大学ではきちんと勉強をしようと。将来のことを考えて、経営を学んでいました。

-とても真面目な人柄が伺えます。

長男だということと、あまり裕福ではなかったにも関わらず、大学まで行かせてくれた両親に対する感謝の念がベースにあるのだと思います。

父親は板前をしています。多忙で疲労も大きかったと思うのですが、仕事の合間に野球の送迎をしてくれました。そんな環境で育ててもらったので、きちんとしなければいけないという気持ちが自分の中にあるんです。

同期の存在

-実際にアクシスに入社していかがですか?

自分がやりたいと思っていたことと、ずれはありません。とてもやりがいを感じています。ただ、入社当初に自分が思い描いていた成長スピードに追いついていないと感じています。課題は日々見つかります。

-たとえばどのような点ですか?

性格的についつい自分の中で解決してしまおうとするところがあります。視野が狭くなってしまうというか。もっと周りを巻きこんでいかなければいけないと常に思っています。

-アクシスはチームワーク重視という話がありましたね。

周囲への相談がしやすい雰囲気です。私の場合同期社員もいますからなおさら。だから、課題は明らかに自分の中にあります。

-同期社員のお話がでましたが、彼らの存在は仕事の励みになりますか?

仲間であり、ライバルです。同期がやっていることは、気にしないふりをして、けっこう気にしています。競争心はかなり強いほうだと思います。あまり表に出すことはないんですけど。

あと、自分は肉体派なので(笑)。数字で物事を判断することを身につけるのも課題のひとつです。ただ、仕事の結果を出すのは楽しいですね。

思い出に残っていること

-今までに何度も転職をサポートしてきたわけですが、特に印象に残っていることはありますか?

私が担当するお客様は、優秀な方ばかりで。自分と年齢が近い方とお話しすることが多く、キャリアは浅い方がほとんどなのですが、それでも皆さん、自分の経歴を謙虚に見つめて、前向きに自分のキャリアアップを図っている。お手伝いしながら学ぶことばかりです。

-逆に、この仕事の難しさを感じることはありますか?

ビジネスですから、当然競合が存在します。お客様もうちだけでなく、並行して他社の支援を受けていることもあります。

こちらが自信を持って求人案件を紹介しても、最終的に他社を選ばれると、やはり残念な気持ちになります。それがお客様のためになったのならいいのですが、自分がうまく企業の魅力を伝えられなかったと感じたときは反省します。

-お客様の視点に立った説明が必要ですね。

ベースにあるのはお客様からの信頼だと思います。信頼関係をきちんとつくる。それがないと始まりません。そのためにも、お客様が一番最初に会うキャリアコンサルタントになりたいと思っています。最初に会えれば、その分考える時間を多くいただけますから。

-かなり多忙かと思いますが、ワークライフバランスはいかがですか。

バランスは取れているとは言いがたいです。ただ、以前に比べると、随分コントロールできるようになってきました。お客様にスケジュールを合わせる仕事ですので、隙間時間ができてしまうことも。そこをどう活用するかも課題です。

五年後の自分

-梅本さんご自身の今後のキャリアプランはありますか。

アクシスでキャリアコンサルタントの道を究めていきたいと考えています。また家族の話になりますが、一度決めた道はとことんやりなさいと育てられてきました。

実は野球も自発的に始めたものではなかったんです。友達がチームに入るからという消極的な理由でした。小学生のときは、練習に行くのが嫌で泣き叫んだこともあります。でも、一度決めたことはやり遂げなさいと言われた。だから、仕事もよっぽどのことがない限りやめませんし、そういう生き方が自分にあってると思います。

入ってみて改めて、アクシスは自分がずっとやってきた野球の環境と似ていると感じています。そんな組織で働くことに心地よさを感じています。

梅本昇平

学生時代を野球に捧げてきた梅本だが、プライベートは専ら妻とTVゲームやショッピング、料理を楽しんでいるという。アクシスにおいてもその引き出しの多さを遺憾なく発揮。社内行事では、クオリティの高い一発芸で場を和ませている。

< スタッフ一覧へ戻る