デロイト トーマツ コンサルティング『ワークスタイル実態調査』(2015年版)結果発表

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、日本企業における働き方に関する取組み状況を、制度、テクノロジー、オフィス環境、企業文化(カルチャー)などの複合的な観点から調査した『ワークスタイル実態調査』の分析結果を発表します。

http://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20160222.html

アクシスコンサルティングのワンポイントニュース解説

通信デバイスの進化によって、新しいワークスタイルを実践する企業はかなり増えてきたという印象があります。たとえばリクルートは2015年10月より全社員を在宅勤務可能にしました。

しかし今回デロイトが出したレポートによると、調査した企業の半分が「関心はあるものの様子見」。昨年度の調査に比べて大きく変化していないようです。

その理由が、「時間管理が困難」(76%)、「業務管理が困難」(75%)、「評価が困難」(68%)。セキュリティ面などインフラの問題もあるとは思いますが、レポートを見る限り多くの日本企業が今だに社員の生産性を労働時間で測っているということですね。

この記事をシェア:

関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

アクシスの求人のうち、
約77%は非公開です。

次のキャリアを模索・検討されている方や、非公開求人の紹介、企業の独自情報等をご希望の方は、ぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

新規会員登録はこちら(無料)