70歳まで働く時代~できるビジネスマンが当たり前にやっていることとは?

あなたは70歳まで働く覚悟ができていますか?

急速に少子高齢化が進む日本では、「年金の支給が70歳から」となり、70歳まで現役で働く時代がもうすぐやってくるといわれています。

ましてや、大手でも会社が倒産、そして売却されるような時代です。自分の身を守れるのは自分しかいません。

今回は70歳まで社会から必要とされ、働くために、今から何をしておくべきかについて考えたいと思います。

イメージ

買ってもらえる自分になる

転職相談をしていると、「今回の転職で最後にしたい。定年まで次の会社で過ごしたい」という声を耳にすることがあります。

できる限りそれに近い案件をご紹介させて頂きますが、先に書いたような世の中ですので、次の会社で最後まで勤め上げられる可能性は少なくなってきているというお話も併せてさせていただいています。

これからも転職の機会があると考えると、どんな環境でも、自分が買ってもらえるポジショニングをしていくことが重要です。

例えば30歳の方。大学を卒業して、社会人8年目。70歳に年金がもらえるとして、これから40年働かなければなりません。

もしも50歳で会社から放り出された時にアピールできる強みが何もなく、「どんな仕事でも一生懸命取り組みますから」と面接の場で話すことになるのは避けたいところ。

そうならない為にも、常にご自身の市場価値について考え、キャリアという観点から仕事(経験)を選ぶことも大切です。その積み上げが、ご自身のキャリアの担保になりますので。

イメージ

自分の市場価値を知る

自分が会社の名前を捨てた時に、外の社会からはどのように評価されているのか、自分の「市場価値」を知ることは大事です。

自社内でどれだけ評価されていても、外に出た瞬間、誰からも見向きもされない人、では70歳まで社会から必要とされる人材になるとこはできません。

では、市場価値とは、どのような点で決まるのでしょうか。現職企業、年収、年齢、学歴、といった要素もありますが、概ね大きな要素は下記3点。

1. 業界・業務知識
どのような業界や業務に関する知識・経験持っているか。
金融業界や流通業界、また金融でも銀行の勘定系に強い、など。

2. スキル
エンジニアの方であれば開発環境や言語です。営業の方だとその営業スタイル、例えば新規開拓か既存か、パッケージ型かソリューション提案型か、といったあたりがこれに該当します。

3. マネジメント
人の管理だけではなく、クオリティマネジメント、タイムマネジメント、ベンダーコントロールなども含まれます。

上記3点について、どのようにキャリアを積んでいるのか、ということが市場価値の大枠を決めます。

これらをしっかり押さえて、「強み」として自己認識しておくこと、自分の足りない部分を意識してそれを補う経験ができるようなキャリアを積んでいくことが大切です。

優秀なビジネスマンは転職活動時に限らず、年に1回は職務経歴書を更新し、自分の市場価値を見極める習慣を持つ方が多いようです。

また、日々失われていく「年齢」という資格に対して、失う「年齢」分以上の市場価値を得られているかどうか、ということが、転職時期を検討する材料にもなります。

ぜひ、70歳まで働くことを念頭に置いて、上記3つの観点で自分の市場価値を評価してみてください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?