ライフロール-人生の役割

thumbnail
キャリアカウンセリング理論の中でも代表的なものに、ドナルド・E・スーパーの理論があります。
キャリア論の中でもかなり古株で、50年以上前に発表されたものですが、
現在も通じるところのある、普遍的な理論です。
今日はスーパーが提唱した理論の中でも、「ライフロール」をご紹介します。



「ライフロール」は、私たちが人生において担っている「役割」のことです。
生まれてすぐに、まず「子」という役割を担います。
これは、成人したらなくなるものではなく、
基本的には親が亡くなるまで、その割合が増減しながら続くものです。

当然、自分に子どもができれば、「親」という役割を担いますし、
生活を共にするパートナーを得れば(相手にとっての)「配偶者」という役割を持ちます。

スーパーはこの役割を以下の8つ、定義しています。

■子ども
 →親との関係における自分です。乳幼児はこの役割が大部分です。
■学生
 →学ぶという立場です。小中高大学生はもちろん、習い事なども含まれます。
■職業人
 →文字通り仕事をする立場です。バイトも職業人としての役割です。
■配偶者
 →夫、妻としての役割です。事実婚であればそれを含みます。
■家庭人
 →親元を離れたところから始まる役割です。家事全般、日曜大工など。
■親
 →子どもを持った時から始まる役割です。
■余暇を楽しむ人
 →趣味やスポーツなど好きなことをして楽しむ時間です。
■市民
 →社会を構成する一員として社会に貢献する、市民としての役割です。

私たちは、上記8つの役割を、うまく配分しながら人生を演じています。

多くの方は社会に出ると、職業人の割合が大部分を占めると思います。
しかしその役割を演じてばかりで、他の役割をおろそかにすると、
不幸を招くケースもあるわけです。

一日は誰もが平等に24時間です。
その24時間がどういうバランスで振り分けられているかを知り、
今後、どの役割にどれだけの時間を投じるか、
全体としての調和を考えることが求められます。


転職を考えること。
それは「今後のキャリア」を設計する作業でもあります。
その作業の中では、今後どんな「ライフロール」を演じようとするか。
そんな観点も意識してみてください。

これらのどの役割に重点を置き、どのような演じ方をするのか、
とりもなおさず、それが「自分らしさ」を形作る要素だからです。



※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial