自分の「雇用コスト」はいくら?【年収600万円の正社員の事例付き】

こんにちは。
キャリアコンサルタントの最上裕司です。

多くの方は正社員として企業に勤めてますよね。私もそうですが。
皆さんは自分の給与がいくらだかご存知ですか?
ご存知ですよね。

では、会社は皆さんを「正社員」として雇用するのにいくら払っているか知っていますか?

「給与分でしょ」

ブー、間違い。

ざっくり言うと、
給与+社会保険料+設備費(光熱費、建物賃料、備品…etc)
という感じです。

仮に年収600万円の人がいたとします。面倒なので賞与なし、月収50万×12ヶ月。
年金保険は政管健保で、扶養家族は1名にしときましょうか。
(本当は住民税とか介護保険料とかもありますが一旦そこは考えない)

・給料額面 ……500,000円
(以下控除額)
・健康保険料……39,260円(会社と折半)
・年金保険料……40,145円(会社と折半)
・雇用保険料…… 3,000円(会社は額面の9.5/1000の負担)
・源泉所得税……14,440円(個人負担)
———————————————————–
・給料手取額……403,155円

保険料率を調べながら入れてみましたが、違ってたらすいません。
税率UPしてたりするのですが、まぁ、大きな違いはないと思います。

さて、社会保険として自らも控除されていますが、
健康保険料、年金保険料は会社も同額を負担しています。
雇用保険料は被保険者料率が6/1000に対し、会社は9.5/1000を負担。

会社がこの人に払う金額は

・給与手取額……403,155円
・健康保険料……78,520円(うち半分の39,260円は従業員負担)
・年金保険料……80,290円(うち半分の40,145円は従業員負担)
・雇用保険料…… 7,750円(うち3,000円は従業員負担)
・児童手当拠出金… 650円(100%会社負担)※子ども有無関係なく発生
・労災保険料…… 1,500円(100%会社負担)※業種により料率異なる
———————————————————–
合計  571,865円 (×12=年額6,862,380円)

となるわけです。

年収600万円の人を雇用することにより発生する、会社としての出費は
年額686万円強となるわけです。

交通費支給の会社も多いので、ここに交通費が加わり、
福利厚生で住宅補助や食事補助があれば、それも加わります。

そして、個人に紐付く支払いではありませんが、オフィスの一定のスペースを
使うことになるので、ビル賃借料や、光熱費、パソコン等の備品、
携帯電話支給があれば通信費、コピー紙などの消耗品等々、
そんなコストが加算されることになります。

これらのコストは会社としてかかるコストを社員数で頭割りすることになりますし、
福利厚生も会社によりまちまちなので何とも言えませんが、
年収600万円の方の雇用コストは、800万~900万位にはなっているはずです。


転職において、会社に直接利益をもたらす「プロフィットセンター」ではなく、
「コストセンター」系ポジションを志望される方も少なくありません。
社内SEや経営企画、社内業務改善等々。

その際、自分にかかる雇用コストは誰が稼いでくれているのか
あるいはその雇用コストを捻出するような改善(コスト削減)が出来ているのか。

単に「年収は○○万円以上」と希望をいうのではなく、
「自分にかかるコスト」をしっかり把握しておくのも、大事なことですね。

=================

今回の記事では、自分の「雇用コスト」についてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×