キャリアパスなんて、見えるわけがない。

 

昨年から良く見かける記事。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの

 65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

それくらいに様々なイノベーションは、既存の仕事を消したり、

新たな雇用を生み出してきているわけです。

 

昔は存在したタイプライターのオペレーターは専門職でしたが

ワープロの発明によって仕事をなくした、なんていうのが

わかりやすいでしょうか。

 

私が小学生の時に、スマフォのゲームのプロデューサーなんて

仕事は想像もしていませんでした。携帯電話ですら想像

できませんでしたからね。

 

まぁそんな、ものすごいスピードの時代に生きてしまっている

わけです。なので、過去のようなにボトムアップによる考え方で

キャリアパスを構築すること自体、かなりきつくなってきています。

 

例えば今までであれば

1:プログラマ

2:システムエンジニア

3:プロマネ or ITコンサルタント

などと積み上げでキャリアパスを検討できました。

しかし、時間が経つとともに、自分の考えていた2とか3の

職種がなくなってしまう、ということが余裕であり得るわけです。

 

安定した雇用の前提となる【専門性】がどんどん変わってしまっており、

専門性の高い職業が決して安定した存在でなくなっています。

 

そうなると

「私の10年後のキャリアパスはどうすればよろしいでしょうか?」

という質問たいして我々キャリアコンサルタントは、回答することが

今後ますます難しくなります。

そうなると、我々の仕事もなくなってしまう。。

と、考えるのが普通ですね(苦笑)。

 

唯一の回答。

【どんな環境でも生き残れる自分】

これを軸にキャリアを構築する必要がありそうです。

 

 


非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×