キャリアチェンジには覚悟が必要

「キャリアチェンジしたいです。」

そんなご要望を承ることも少なくはありません。

キャリアチェンジ、すなわちこれまでのキャリアとは別のキャリアを歩むこと。
例えば営業として生きてきた人が経理にキャリアを変えるとか、
エンジニアが人事に転職するとか。

かくいう私もIT営業から人材紹介ですから、キャリアチェンジです。


さて、キャリアチェンジのご相談をいただく中で、「これは難しいんじゃないか」と思う瞬間があります。

「○○という職をやってみたいんです」
「○○という職に興味があるんです」

という言葉。思わず、それは辞めた方がいいよ、と言ってしまいます。


キャリアチェンジには当然リスクが伴います。

●今まで積み上げた経験をあまり活かせない職に就くため
 最初から高いパフォーマンスを出せるという期待はあまりない

●一般的には培ってきた専門性を使えないため、市場価値が下がる

キャリアチェンジしたものの「こんなはずじゃなかった」となると、
経歴的にも一貫性がなくなりますので、マイナスに働きます。


キャリアチェンジをする際にはある種自分のキャリアへのコミットメントというか、
腹の括り、「覚悟」が必要となります。
市場価値が下がろうと、自分はこちらの方向でやっていくんだ、やり抜くんだ、という覚悟。

覚悟がない中で、「ちょっと興味があって」「やってみたいんです」という気持ちだと、
「こんなはずじゃなかった」出来事に遭った瞬間、また辞めたくなってしまうことでしょう。


キャリアチェンジにより、自分のキャリアがリスクにさらされようと、
自分の市場価値が下がることになろうと、それでもやっていくんだという覚悟。

過去の経験を活かせる転職以上に、その覚悟が必要となるのがキャリアチェンジだと思います。


「やってみたい」
「興味ある」

程度であれば、辞めておいた方が無難です。
徹底的に自分で調べて、その上で挑戦した方が良いと思います。

(まぁ、面接を受けてみるのは情報収集という点ではお薦めですけどね)


 

非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×