短期間での再応募は可能?

thumbnail
こんにちは。
コンサルタントの稲橋です。
 
いくつかの企業から内定をもらえた場合、
当然すべての会社の内定を受諾することはできないので、
入社すると決めた企業以外の内定は辞退することになります。
 
甲乙つけがたい企業が複数あった場合には、
簡単に一つの企業を選ぶことはできないと思いますが、
様々なポイントから一番自分の志向や条件にマッチした企業を選び、
その他の企業へは辞退させて頂きたい旨お伝えします。
 
ただ、せっかく選んだ企業にもかかわらず、実際に入社してみると、
このまま働くことは難しいと判断し、再度短期間で
転職活動を行わざるを得ないケースもあるかもしれません。
 
自身の判断の間違いもあるでしょうし、
場合によっては会社都合(倒産など)など。。
 
そうなると、以前内定をもらったが辞退してしまった
企業にもう一度チャレンジできないか?
最後まで内定を受諾するか迷った企業なので、
是非再度チャンスを頂きたい、という考えが
出てくると思います。
 
一定期間の再応募は不可という企業はあるものの、
比較的短期間でも再応募は可能という企業もあります。
前提として最初から選考をやり直しにはなりますが。
 
ただ、再応募の場合、当然前回応募した時の履歴があり、
一度辞退したという事実も残っています。
 
その時にその企業に悪い印象を持たれる様な辞退の仕方、
失礼な辞退の仕方をしていると、もちろんそれは企業側は
把握しており、再応募の際には不利になる可能性が高いです。
 
何の連絡もせず辞退扱い…などということがあると、
再応募しても可能性は低いと思います。
 
そう考えると内定を辞退をする場合や選考を途中で辞退する場合でも、
応募している企業にとってある程度納得のいく辞退の仕方、
誠実に対応することが後々ポイントになってくると思います。
 
再応募した時に、前回選考をした際の対応をマイナスに捉えられないよう、
辞退も慎重に丁寧に行う必要がありますね。
また、再応募する際には通常の職務経歴書等の提出書類の他にも、
再応募に至った理由や以前辞退したということに対するお詫びのような
メッセージをお送りすると印象が良くなるかもしれません。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?