スケジュール管理能力も見られてますよ

企業の選考を進めていく中で、スケジュール管理能力が垣間見られるシーンは
多々あります。

例えば面接日程調整。

面接候補日を出してください、という企業からの連絡に対して
多忙により面接日程が出しづらく、放置してませんか?
忙しいから候補日を出しません、というのは理由にはなりません。

忙しくて、スケジュールが読めないのであれば、

「現在××というプロジェクトにどっぷりでこの2週間、調整が難しいです。
再来週後半になれば恐らくスケジュールが見えてくるため、
申し訳ないのですが、再来週後半に候補日を出させてください」

という一方を入れておくのがマナーです。


WEB適性試験なども期限が設定されていることが多いですが、
期限内に受けられませんでした、なんてことになってませんか?
出張等で予めその期間内に受けられない場合も、
それはそれで事前にそれをお伝えすべきです。


日常業務において、クライアントとの日程調整をイメージすれば良いと思います。


転職活動というと、どうしても自分にとっては業務外、
プライベートの範疇で考えがちですが、
採用企業からすると、プライベートではなく、業務です。

業務において、そうした一連のやりとりも見られていることを
意識した方が良いと思います。

 

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)
×