印象や志望度は変わるもの

こんにちは。
コンサルタントの稲橋です。
 
転職活動を始めたときには、内定が出たらこの企業に行く!
と決めていたものの、いくつかの企業で選考が進んでいくと、
他の企業の志望度が上がってきて、最終的には当初優先順位が
低かった企業に入社を決定する、ということは良くあるケースです。
 
最初は私どもからお渡しする求人票や口頭でお伝えする情報、
ネットで仕入れた情報や知人友人からの情報など、
様々な経路から情報を収集すると思いますが、
あくまで、その情報はそれぞれの立場からの情報になるので、
実際に自身が直接企業に面接に行ったときに感じる印象とは
異なるケースも多々あると思います。
 
歴史ある会社なので社員も堅い方が多いという印象を持っていたが、
思ったよりフラットな雰囲気だった…。
ガツガツした社員が多いと思っていたが、
思ったより穏やかで落ち着いた印象を受けた…。
思っていた以上に裁量を持って働ける環境だった…。
というようなギャップを感じることもあると思います。
当然逆のパターンもありますが。
 
このように転職活動を始めてみると、企業に対するイメージは
結構変わってくることが多いと思います。
自身が持っているイメージだけで応募する企業を決めていく、
ということは悪いことではありませんが、
正直もったいない、と感じることが良くあります。
 
転職をしたいけれども業務が忙しくて、色々な企業を見る余裕がない、
という方でなければ、是非少しでも興味のある会社は応募してみる、
というスタンスで良いのではないかと思います。
 
転職をするということは人生の中でも大きなイベントですし、
人生の中で転職活動をする=いろいろな企業を見る機会は
それほど多くないと思います。
 
フレキシブルに考えて活動してみると、思った以上に良い企業や
自身にマッチした企業に出会えるかもしれませんね。

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)
×