仕事に行き詰まっている方へ。エッセンシャル思考のススメ

努力の割に仕事がはかどらないのはどうして?

仕事に力を注いでいるはずなのに、「全然成果がでない」「自分だけ残業している(長時間働いている)気がする……」といった不満にとらわれることは少なくありません。

結果がでなければ、勤労意欲は低下。やる気がなければ、仕事もはかどらず成果もあがらない。

結局、負のループに陥ってしまうのです。

その状況を打破するのに適しているのが、グレッグ・マキューンが提唱する「エッセンシャル思考」。

彼は米シリコンバレーのコンサルティング会社「THIS Inc.」のCEOで、この考えをまとめた「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」(かんき出版)は日本でもベストセラーになっています。

エッセンシャル思考で生活スタイルを見直す

この本によると、エッセンシャル思考の基本は「適当に全部やろうと考えず、本当に重要なことを選び取り、それを確実に実行。自分の力を最大限の成果につなげる」というものです。

書籍にある一例を紹介しましょう。


エッセンシャル思考

・より少なく、しかしより良く(大事なことは少ない。それを選び行う)
・やることを計画的に減らす(本当に重要なことを見極め、それ以外は断る。あらかじめリスクを取り除いておく)

結果、質の高い仕事ができ、充実感のある毎日を送ることができる。


非エッセンシャル思考

・みんな、すべて(どれも大事。全部こなす方法を模索)
・やることを、でたらめに増やす(なんでも請け負ってしまう。差し迫ったものから片付ける。根性でがんばる)

結果的には、何もかもが中途半端。振り回されて、疲労感・無力感が残る。

(出典:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする(かんき出版))

グレッグ・マキューンの体験談

なお、マキューン氏は講演、執筆を行うと同時に、米アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッターをはじめ、有名企業にアドバイスを与えているそうです。

彼は自身のコラムで、戦略アドバイスを行っているある人物について、こんな体験をしたということを綴っています。


私の友人の1人に、あるグローバル企業のエグゼクティブ・ディレクターがいる。

彼は知的で意欲的だが、絶えず気が散っている。

どんな時でもツイッター、Gメール、フェイスブックをやっていて、さらに複数のインスタント・メッセージで会話しているのだ。

これらのほとんどはある程度は役に立っている。

だが彼は、もっと重要なやるべきことが他にあると心の底ではわかっている。
(出典:http://www.dhbr.net/articles/-/2544)


優秀な人材である程、このような状態に陥ることはありがちだと言えます。

グレッグ・マキューンのメッセージに何かしら感じるものがあった方は、この本を読んでみてはいかがしょうか。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial