突然のリストラから1年半、自身を見つめ直しつかんだコンサルへの道

thumbnail
  • 30代前半 男性(未婚)
  • 外資金融コンサルティングファーム
  • 750万円 750万円

【ある日、突然の退職勧告】

Aさんはもともとデータを扱うことが大好きだったので
リサーチの仕事をとても気に入っていて、充実した日々を過ごしていたそうです。
しかし、、ある日、突然の退職勧告。
所属していた部門が解散とすることが決定してしまったのです。
途方に暮れたAさんは、しばらく休養を取りつつ
友人の起業を手伝うことにしました。
それから1年半が経過したころ、Aさんと私は初めてお会いしました。

【自分を見つめ直す】

初めてお会いしたころのAさんは、
私から見ると少々ふさぎ込んでいるように見えました。
退職を余儀なくされたことからまだ立ち直り切れていないようで、
どうも精気を感じません。。
会話の中でも、どうにも自身の離職期間の長さばかりに気を取られ、
自分が何ができて、何をしていきたいのかに考えが回っていないようでした。
ここままでは内定を取れるものも取れません。
これまでのご経歴を拝見するに、能力値の高い方であることは
疑いようがなかったので、改めてご自身がこれまでに培ってきた能力や
してきた経験を洗出し、自身を見つめ直していただくよう、お願いしました。

【書類通過した企業を一つ一つ大切に】

弊社でご提案できる案件をすべて提案させていただき、
その中で、ご自身のご経験・能力を活かしていける可能性のあるもの
すべてにエントリーいただきました。
ご本人も懸念されていた通り、離職期間の長さからか
書類通過する企業ばかりではありませんでしたが、
それでも、書類が通過した企業を一つ一つ大切に受けていきましょう
とお話し、応募先企業での親和性を感じられるご自身の経験・能力の
エピソードを中心に面接の戦略を一緒に練っていきました。
何度もご自身の強みや、それを発揮できたエピソードをお話いただいたためか
この頃には幾分明るさを取り戻し、自分への自信も見られるようになっていました。

【コンサルとして再びリサーチャーの仕事へ!】

すべての面接がうまくいったわけではありませんでしたが、
さすが、もともとの能力値の高いAさん。
自身の強みやこれまでの経歴、活かせるスキルの整理がしっかりと
落とし込め、応募先企業からも徐々に評価をいただけるようになっていきました。
Aさんも志望度を高く持っていた外資系コンサルファームの
リサーチャー職での内定が見事決定!
これまでのご経験や能力が、十分に発揮できるポジションでした。
自身を見つめ直し、自分への自信を取り戻すことで
新たな道が切り拓かれた良い例だと思います!
希望に満ちあふれたAさんが、ますますご活躍されることをお祈りしています!

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?