コンサルから事業会社への転身は一度はお見送りになるも最後は幹部社員待遇採用へ!

thumbnail
  • 30代後半 男性(既婚)
  • コンサルティングファームインターネット
  • 1,600万円 1,700万円

【トップコンサルタントから事業会社へ】

Oさんは、某大手コンサルティングファームのシニアマネジャー。
大学卒業後、新卒として入社して以来、高い評価を得続けていた、
トップコンサルタントでした。
そのため、現状特に不満をお持ちだったわけではないのですが、ふと外の世界も
見てみたいと思われ、弊社にお越しくださいました。
コンサルティングファームの方は、おそらくほとんどの方が考えられると
思うのですが、まずは事業会社をご志向されます。
そして、Oさんもその例外ではありませんでした。
正直に申し上げると、コンサルティングファームご在籍でかつマネジャー職以上の
方となると年収もかなり高額となっている方がほとんどなので、
事業会社で同じだけの額を提示できるところは、そう多くないのが現状です。
そのため、かなりタイミング勝負な部分が出てきてしまうのですが、
その時、ちょうど某インターネット企業において、ハイクラス層の採用も
検討するというポジションがありました。
Oさんにご紹介させていただいたところ、「ぜひ応募したい」とのことでしたので、
さっそくエントリーをさせていただきました。

【マッチするポジションがない?!】

その案件へエントリーしたところ、書類選考は見事通過。
面接への向かわれました。
Oさんとしては、同社の先進性や今後の可能性を強く感じ、とても魅力的に
思ってくださいました。
ですが…
企業からのフィードバックを見ると、

「非常に優秀な方との評価をさせていただいておりますが、
 やはりインターネット業界と事業会社のご経験が十分でないことと
 弊社の報酬水準からは、現在のご年収は難しいと判断しております。
 それでも引き続きご興味いただけるようであれば、ぜひ二次面接へ
 お越しいただけると幸いです。」

とのこと。。
Oさんへは、

「内定を勝ち取るまで年収は決定されないので、まずは二次面接へ
 進まれてはいかがですか?」

とご提案させていただき、Oさんとしても、年収維持が難しいことはややハードルに
なるものの、とても興味を持ってくださっていることもあり、二次面接へ進まれました。
しかし…
二次面接では、先方の執行役員の方と人事部長の方が面接官をされましたが、
結果はお見送り。。
ただ、お見送りの理由が
「これまでのご経歴や人物面に関し全く問題なく高く評価できるものの、
 転職動機や当社への意向を強く感じられず、本人の求める処遇にマッチする
 ポジションは用意できないものと考えられるため。」

Oさんとしては意向も高く持っており、こちらとしてもその部分はしっかりと
再度お伝えすべきだと考え、同企業に対して、その旨改めて弊社経由で
お伝えさせていただきました。
Oさんからしてみれば、非常に悔しい思いをされたと思います。。。

【新規のポジションがオープン!】

同企業へ再度選考依頼の連絡を入れて数日が経った頃、
突然先方から

「新しい別ポジションの案件で、再度お話させていただけないか?」

との連絡が入りました。
よくよく話を伺ってみると、
先方としてもOさんを大変優秀な方だと評価していた中で、
ご本人の意向も高いと改めて認識され、
活躍いただけるポジションはないかと検討くださっていたそうです。
その中で、ちょうど社内で新しく立ち上げることになった
社運を賭けたプロジェクトを任せられる人が社内に見当たらず、
新しく採用しようという話になったとのことでした。
その時に、執行役員の方がまずピンと来たのがOさんであり、
お声掛けいただいた、というわけだったのです。
それをOさんにお伝えしたところ、少し困惑した様子。
それもそのはずです。。一度お見送りにされているわけですから。。
ですので、

「まずは新しいポジションがどのような内容なのか、お話を
 お伺いされてみませんか?」

とご提案し、お話を聞きに行かれることになりました。
先方には、こちらから、

「Oさんにぜひ評価されているということをお伝えください。
 一度お見送りとのご連絡をいただいていることもあり、
 少し不安を感じていらっしゃると思いますので…」

とお伝えさせていただき、面談当日に会食のセットもしていただくことに
なりました。

【タイミングと熱意】

新しいポジションについても魅力を感じたOさん。
企業側も採用したいという方針は変わらず、見事内定を獲得されました。
条件も当初言われていたよりもかなりの高待遇。
あとから聞いてみると、執行役員候補の幹部社員待遇での採用となりました。
本当に改めて思うのは、転職活動にはタイミングと熱意が非常に大切だということ。
今回も、該当企業とタイミングが合わなければ、そして熱意を伝えていなければ
そのままお見送りになってしまっていたかもしれません。
その後、Oさんは入社前から転職先企業のメンバーと交流を深められ、
今では新しい仲間たちとともに、新たなプロジェクトにてご活躍されているようです。
Oさんのさらなるご活躍を心よりお祈りしています!

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?