コンサルタントとしてサービスを提供する意味を考える

thumbnail
  • 30代前半
  • コンサルティング業界・シニアコンサルタント
    コンサルティング業界・シニアコンサルタント
  • 700万950万

【転職活動概要】

Kさんは新卒でSIerへ入社。システムエンジニアとしてキャリアを積まれた後、
中堅コンサルティングファームへ転職。コンサルタントとして実績を残されて
いましたが、プライマリ案件の経験が少なく今後のキャリアについて悩まれて
いました。そんなAさんが大手コンサルティングファームへの転職活動で得た
気付きとは、、、、。

【転職活動を通して得た気付き】

Kさんは過去に転職サポートさせていただたBさんからの紹介でした。
新卒で入社した会社の同僚の方で、現在は中堅ファームでシニアコンサルタント
として活躍されているとの事でした。

初めてお会いした時の印象は「真面目で良い人」。
コンサルタントというよりは製造業のエンジニアのような朴訥とした雰囲気で、
腰の低い方です。

私「転職を検討されている理由は何ですか?」
Kさん「現在の会社ではプライマリ(一次請け)のプロジェクトが少ないのです。
    コンサルタントはやはり直接クライアントの悩みを解決するべきだと
    思っています。」
最もな転職理由でしたので、SCM領域に強みを持つKさんに、
大手コンサルティングファームのポジションを幾つかご紹介し選考を
進める事になりました。
いずれのファームも現職へ転職する際に内定を獲得できなかったポジション
でした。

Kさん「前回こちらのファームは落ちてしまったのですが、
    再応募可能なのでしょうか」
私「現職で3年ほど経験されていますので、問題ございません。
  現職と似たようなファームを受けても転職の目的が果たせませんので、
  まずは大手からチャレンジしてみませんか?」

Kさんにポジションご検討いただき、5社エントリーすることになり、
前回残念な結果だった3社を含め、4社から書類選考通過の連絡がありました。

面接の前にKさんと対策のMTGをした時のことです。

私「転職理由はどう説明されようと思っていますか?」
Kさん「プライマリの案件を経験したいと説明します。」
私「それは何故ですか?」
Kさん「コンサルタントのキャリアでプライマリ案件の経験は必須だと思っていま す。」
私「それだけでしょうか?」
Kさん「他には、、、、。」
私「Kさんはなぜコンサルタントになられたのでしょうか?」
Kさん「・・・・。あっ!」

Kさんは、もともと企業成長に貢献したいとの思いからコンサルタントを
目指されたのです。SEとして働きつつも「このシステムは本当に役に立っている
のか?」との疑問から、システムを作るべきか否かから提案するため
コンサルタントを目指したのです。

今回の転職活動は「キャリアアップ」と同時に、サブコンではクライアントに
最適なソリューションを提案する機会が少ない、という事が本来の目的に
なります。

結果的に3社から内定を獲得したKさんでしたが、転職活動について
「コンサルタントとしてサービスを提供する意味について、
原点に戻って考えられたのが最大の収穫だった」と仰っていました。

転職活動を通して、気付きを得られる方も結構いらっしゃいますね。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?