現職でマネージャーにプロモーションの見込みでもあえて高みを目指して転職を!

thumbnail
  • 30代男性(未婚)
  • コンサルティングファーム→コンサルティングファーム
  • 650万円→700万円

現状は満足。ただ、これでいいのか?

Kさんとは、彼の転職活動の一環でお会いしたのではなく、我々からのサーチスカウトがきっかけでした。KさんがまだとあるIT系の企業にいた時の話です。普通は警戒されながら徐々にそれを解きほぐす工夫をするものですが、Kさんは初対面から屈託のない笑顔と、ざっくばらんに腹を割って話すというコミュニケーションだったのが印象的です。

私「Kさんもまだお若いですし、会社でも評価されていますので、焦る必要はありません。が、定期的に自身の市場価値がどういう状況に置かれているのか、確認することが大切ですよ。」Kさん「よく分かりました。正直今の環境では会社からの評価も高く、満足しています。一方で、これでいいのか、みたいなところもあります。井の中の蛙なのではないかと、その点が不安で。ですので、一度転職活動をしてみたいと思います。」

予想外にトントン拍子で話が進み、Kさんは見事大手コンサルファームB社に内定。当初は自身の市場価値を確認するため、というつもりで転職活動をしたKさんですが、より厳しい環境に身を置いて自分を鍛えたい、という想いから、B社への転職を決意されました。

さらにハイプレッシャーな環境へ

Kさんとは転職後も半年に一度程度、飲みに行きながらお互いの情報交換をしておりました。B社に入社後も評価され、順調にプロモーションをされていたKさん。前職にいた頃よりも、水を得た魚のように活き活きと働いていました。そんなある日….。

Kさん「そろそろ転職を考えたいのですが」私「え?何かまずいことでもありましたか?」Kさん「いえ、現職でもおかげさまでご評価いただいているようで、プロモーションも順調ですし、良いプロジェクト、良いメンバーに恵まれていると感じています。実は、来年にはマネージャーにプロモーションできる見込みなんです。」

私「さすがですね!ご活躍いただいているようで何よりです!が何で転職を?」Kさん「前回と同じなのかも知れません。それなりに仕事をし、それなりに評価されてしまうと、このままで自分は良いのか、と感じてしまって。まだまだ私も若いので、もっとチャレンジできる環境があるのでは、と思うのです。率直に、今の環境がややぬるいと思うんです」

私「なるほど、そういうことですか…。Kさんらしいですね。それでは例えばC社などどうでしょうか。同じコンサルファームとはいえ、御社での業務とはやや隔たりがあるため、キャッチアップは相当の努力が必要ですが…」Kさん「まだまだ体力はあるので、いくらでも努力できます!」

かくして、Kさんの再転職活動が始まりました。とはいっても受けたのはC社のみ。Kさんにとって本当に成長できる、ハイプレッシャーな環境に身を投じるための転職です。

より高みへ

さすがに今回の転職ではトントン拍子ですぐオファー、とはなりませんでした。Kさんの面接後のフィードバックも「う〜ん、正直自信ないです」といった不安げなものでしたし、C社からの面接後の評価も「う〜ん、悪くはないんですが、即戦力性は薄いですよね」というもの。

とはいえKさんの熱意もあり、我々もC社にその熱意を存分に伝え、何とか内定にこぎ着けました。Kさんの喜びも、B社に内定をした時をはるかに超えるものでした。よほど嬉しかったんでしょうね。かくてKさんの2回目の転職活動は幕を閉じました。

今にして思うと、KさんはドMだったなぁ、と(笑)会社から評価され、居心地の良い環境を作り上げ、その上で転職してより高みを目指したKさん。1回目の転職後、コンサルファームB社でも同様に評価されていたのに、さらに厳しい環境を目指しての転職。口で「厳しい環境に」と言いつつも、地でそれを行く方はなかなかいらっしゃいません。私もKさんを通じて大いに刺激を受けました。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?