ピンポイントで事業会社へ

プロフィール

  • 28歳 男性
  • コンサルタント コンサルタント→事業開発担当 社員
  • 750万円→650万円

事業会社へのエグジット希望

「事業会社へのエグジット転職をしたいのです」

Aさんとお会いして開口一番伝えられたのがこの言葉でした。 コンサルタントの転職のお手伝いをする際、感覚的には半数以上が「エグジット希望」です。

そういう意味では「またか」に近い感覚、それが第一印象でした。

とはいえ、昨今のマーケットではポストコンサルタント向け求人も増えており、 実際にエグジットを成功させている方も大勢おります。

コンサルタントから脱したいという意味でのエグジットなのか、 違った目的があってのエグジットなのか、慎重にヒアリングを進めました。

ピンポイントでの応募

Aさんはちょっと違いました。

「エグジットというか、B社に行きたいのです。B社のX事業関連に行きたいのですが、求人ありますか?」

提案する以前にピンポイントでのご指名。しかも、何だかマニアックに攻めてきました。

したり顔で転職マーケットの状況、中長期のキャリアを見据えてどうキャリア作りをするか、などを語りたかったのですが、先制攻撃を受けてしまいました。…とはいえ、それはそれで私としても俄然興味が湧きます。

B社というと、敏腕有名経営者の率いる企業として有名。同時に、事業会社とはいえ結構厳しい環境です。

企業研究はバッチリ

AさんがB社を志望する理由は明快で、非常に納得感のあるものでした。

加えて、AさんはB社代表の著書をまさに「愛読書」として読み込んでいたのです。当時はまだ電子書籍化されていなかったB社代表の著書を、書籍として購入し、自炊(自分で本をばらしてスキャンして電子書籍化)してスマートフォンに入れ、いつでも読めるようにする周到さ。

そこまで惚れ込んでいるとは!B社社員もびっくり、だと思います。

私としてもそこまでの熱意があるのなら、敢えて他のオポチュニティを提示するまでもなく、全力でサポートするのみ。AさんをB社にご紹介しました。

トコトン細かく面接対策〜内定へ

Aさんは折角の機会をふいにすることのないよう、面接対策も綿密でした。

といっても、私に色々頼るというよりは、自分なりにB社を改めて調べ、 そこに対して改めて棚卸ししたAさんのスキルをどう活かせるかを考え、 ストーリーをまとめてきました。

こうなると私も介在価値を発揮すべく、本気です。 細かく面接のストーリーを練り込み、万全の対策を整えました。

結果は言うまでもなく、サクサクっと進んで見事内定。

通常は「本当にそこで良いのか」といった、意思決定をご支援するための面談なども行いますが、 当然、Aさんにはそれは不要。内定を受けた瞬間に即決。

入社後・・・

入社してしばらくした後、Aさんとお会いしました。

元々眼力のある方でしたが、改めて希望の環境に入り、一層輝きを増したAさん。

「ファームにいた時以上にプレッシャーがきつく、大変な環境です。 正直、ファームの頃は、きついのもプロジェクトのエンドが来れば…という気持ちがあった分、 楽でしたね。今はまさにエンドレスで色々湧いてきますし、プロジェクトのスコープ外の 仕事もどんどん出てきます。 楽をしたいから事業会社へ、という同僚もいましたが、正直、全然楽じゃないです…笑。 が、やりがいがあって、楽しいですね、こういうのも」

Aさんならどこの環境でもやっていけると思います。益々のご活躍をお祈りしています!

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?