IT戦略(ソリューション)

情報量・市況変化のスピードが増している現在のビジネスでは、経営・事業戦略にとってITは欠かせなくなっています。一方でシステムを導入したものの「有効活用できていない」「IT投資に見合ったリターンがない」「戦略と合致していない」などの問題も出てきています。

  • IT戦略とは

    IT戦略は経営ビジョンの効果的実現を目指し、IT活用による業務改善/経営改善の推進を目的としており、CIO(最高情報責任者)や情報システム部門は全社的なビジネス戦略にどのような価値を提供し貢献していくかという視点を持つことが求められています。

    業務の効率化のみに利用されていた時代から業務改革、取引先や顧客との関係強化、新規販路の開拓など、あらゆる企業活動にITが関与するようになっており、企業経営を推進する資源へと変化しています。 IT戦略が経営戦略や事業戦略を先導していく時代を迎えつつあるといっても過言ではありません。

  • ITガバナンス(IT統治)

    IT戦略を推進する上でITガバナンスが重要になってきます。ITガバナンスとは、「企業が競争優位性構築を目的に、IT戦略の策定・実行をコントロールし、あるべき方向へ導く組織能力」(旧通商産業省)。

    つまり経営とITを橋渡しする体制の事をいいます。リスクと利益のバランスをとりながら価値を付加することによって、目標を達成するためにコントロールしていきます。

    近年では東京証券取引所のシステムがダウンする事例が相次ぎ、ITガバナンスの強化策として執行役員CIOのポストが新設されています。


記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?