コンサルタントの転職

  • コンサルタントが転職する理由

    コンサルタントが短期間で会社を移る理由としては、いくつかのケースが考えられます。代表的なケースは下記の5つです。

    ①競合他社から誘われた。自分がやりたいコンサルティングができる。
    ②大規模ファームでは、自分能力が発揮できない。小規模のコンサルティングファームで真の実力を試したい。
    ③コンサルティングの分野や方向性を変えたい。そのために転職という選択肢を使う。
    ④コンサルタントとしての経験を事業会社や他の業界で活かしてみたい。
    ⑤年俸アップのオファーがきた。

    もともと能力のある人が多いので、現状よりよい条件や自分のやりたいことの実現に向けて、最適な環境を探して転職をしていく人が多いのです。

  • コンサルタントの転職先

    最近では、コンサルタントという職業が世間に認知されたことにより、多様な「知識」と「知恵」(ノウハウ)を身につけているコンサルタントの活躍の場が多岐に渡っています。最も多い転職先は、競合他社のコンサルティングファームです。能力の高いコンサルタントは昇進、将来性、など好字待遇で他社からオファーがくるためです。

    また、事業会社の経営企画やITネット関連企業の中心メンバーとして移るケースも少なくありません。そのほか、投資ファンド・再生ファンド等への転身やコンサルタントとして独立、珍しいところでは、大学教授、政治家、政府高官など、様々なキャリアパスは多岐に渡っています。


※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?