リーダーになりたい。今のアクシスコンサルティングの雰囲気をとても気に入っているんです。
(福原大基)

次世代アクシスの中核を担うと目されている福原大基。税理士法人でキャリアをスタートし、その後アクシスへ。現場で様々な経営を見てきた経験は、今のキャリアコンサルタントという仕事にどのように役立っているのだろうか。

福原

経営者の近くで育って

-大学卒業後、税理士法人に入社。学生時代から会計や経営を学んできたそうですね。

実家も事業を営んでいましたし、周りも商売をしている人が多く、自営する人間の中で育ちました。会社員がいなかったんです。だからいつか自分も経営をするのだと、自然に思っていました。

-そして税理士法人でも、経営者の方々とお話する機会が多かったと伺っています。

今振り返ればかなり自分に期待してくれていたと思います。専務に同行してクライアントをよく訪問していました。相手は企業の経営者。財務や会計の話から入りますが、途中から経営全般の話になります。刺激的でした。ここで自分のビジネスマンとしての基礎がつくられたと思います。

また、経営者から悩みを聞くことも多く、中でも「社員の採用がうまくいかない」「社員のモチベーションが維持できない」といった“人”に関わるものが多かったことを憶えています。

この経験が、人材業界に関心を持つひとつのきっかけになったのかもしれません。

人材紹介業界へ

-そして、アクシスコンサルティングに転身。

税理士法人で更に経験を積むという選択肢もありました。でも、新しい領域で、自分の視野を広げてみたいという気持ちが強くなっていた。

もちろん、社会人数年目の若者が一企業の経営者と話ができるというのは、とても恵まれた環境でした。その一方で、税務という法律に守られた領域ではなく、もっと自身を商品にできるような仕事がしてみたいと思うようになりました。

自分の強みは数字だとわかっていたので、会計系のコンサルティングファームなどを視野に入れて活動を始めました。その時お付き合いしていた人材紹介会社から、アクシスを紹介されたんです。

-その時点で人材紹介業についての知識はありましたか。

いえ、まったくありませんでした。でも、税理士法人で経営者と話をする中で、企業の悩みの多くは「人」にあることを感じていました。人に関わる仕事だと興味を惹かれて面接に臨むことに。伊藤や田畑、そして人事の池田と話をしたのですが、引き込まれました。職業柄だと思いますが、人のことを本当によく見ている。

入社の決め手は彼らに会ったからです。よくも悪くも業界のことを知らなかったので、仕事にあまり不安はありません。この人たちと働いてみたいという気持ちだけでした。

-実際に働いてみていかがですか?イメージとあっていた部分と、異なっていた部分があったと思いますが。

楽しかったです。日々新しいことを学べました。社内の先輩も相談できる人、飲みに連れていってくれる人がすぐにできて、それもよかった。

-アクシスはご自身にあっていると思いますか。

あっていると思います。アットホームな会社で、会社と社員の距離感が心地よい。とても気に入っています。

キャリアコンサルタントという仕事

-キャリアコンサルタントという仕事を検討する人に向けてアドバイスはありますか。

キャリアコンサルタントは人の転職を支援するとてもやりがいのある仕事です。しかし、会社ですから当然売上のことも考えなくてはいけません。シビアな部分です。この二つを自然に両立できることが、前提として必要になってきます。

もう一つは勤務時間。転職希望者を支援する、という業務の特性上、どうしても夜は遅くなります。お客様の大半は現業を持ちながらの転職活動になりますから、面談をするにしても夕方以降のことが多い。この点についてはあらかじめ認識しておかないといけません。

-その中でもアクシスという会社については。

アクシスは、会社でチームワークで支えることがお客様のためになる、という考え方の会社です。これは一般の会社では当然のことかもしれませんが、人材紹介業界においては珍しい。他の転職エージェントの場合は、コミッション(歩合制、成功報酬型)で働く人間が多く、必然的に一匹狼的な業務スタイルになるからです。

だから、周りに関心が持てる人かどうかが、非常に重要なポイントになってくると思います。自ら情報を共有して、周りを助けようとする人。チームワーク重視ということです。アクシスの評価制度も、売上だけでなくプロセスをかなり重視するという特徴があります。

自身の成長のために

-一方で、個人の成果もきちんと見られますよね。

そうですね。この仕事は相手次第、タイミング次第というところも大きいので、努力しても売上につながらないこともある。悩むこともあります。

-成果を出すために、何をしなくてはいけないのでしょう。

学ばなければいけないことは、まだまだたくさんあります。業界情報を得たり、経験を積んだり。ただ、この仕事はそれだけではありません。

自分より年齢が上の方、経験豊富な方を担当することも当然あります。でも、そこで無理に同じ土俵に乗る必要はない。そもそも相手はその道のプロフェッショナルですから。

重要なのは、お客様のお話をきちんと聞いて、筋道を立てること。私自身、ガツガツ押すのではなく、しっかり受け止めることを得意としています。話すことで思考は整理される。そこで最適な提案ができるよう心がけています。情報だけがほしい、というケースでも社内でナレッジが共有されていますから迅速に対応できます。

個人的には、ちょっと性格が真面目ところがあるので…。もうすこし柔らかな人間になりたいと思っています。荒木田や最上を見習って、話題の幅を広げようと努力しているところです。

五年後の自分

-これからのご自身のキャリアについてどのようにお考えですか。

今は目の前のことに全力で取り組んでいますが、いずれはアクシスでマネジメントにも携わりたいと考えています。キャリアコンサルタントの仕事もとても気に入っていますが、将来、自分が経営に近いポジションで業務をすることもイメージを持っています。

この辺りは、育った環境やキャリアの中で様々な経営の場を見てきたことが影響しているのかもしれません。今のアクシスの雰囲気は本当に大好きだし、それをさらに伸ばしていきたい。そんなことを考えています。

-たとえば五年後のイメージでいうと。

田畑の姿が理想です。リーダーになりたいんです。若手をリーディングする立場になりたい。周りが気になる性格なので、いい方向に伸ばしていければ、自分はマネジメントに向いていると思います。

-プライベートのステージも変わってきますよね。

今は平日はワーク・ワーク・ワーク。その分、休日は完全にライフに振った生活をしています。お客様は優秀な方ばかりなので、日々勉強です。今はそれでいいと思っています。ただ五年後には、もうすこしワークライフバランスをうまくとった生活を送れるようにしていきたいですね。

福原

伊豆に祖父母の実家があり、幼いころから水泳に熱中していた福原。夏はサーフィン、冬はスノーボードとアクティブに活動している。一方、地元でのんびり過ごすのも好きで、週末はよく飲みにいっているそうだ。

< スタッフ一覧へ戻る