仕事の効率が悪いと悩んでいませんか? 業務効率を上げるために生活習慣から変えてみよう!

残業ばかりしてしまうあなたへ

ビジネスマンとして仕事をしていると、なかなか成果を出せずに伸び悩む時期もあるものです。仕事が上手くいかない原因は、生活面にあるということも実は多いかもしれません。

毎日遅くまで働いていると、生活のリズムが崩れ、ヘトヘトの状態で出勤、準備もままならない状態で一日をスタート……という負のサイクルに。

これではいくらできる人でもパフォーマンスを上げるのは難しいでしょう。そんな危機的状況を回避すべく今回は生活習慣を改善する方法について書いてみたいと思います。

イメージ

パフォーマンスを上げる5つの改善ポイント

成功のカギは毎日同じことを規則正しく繰り返す。いわゆるルーティンワークを継続していくことが大事です。自分のペースを整え毎日を丁寧に過ごせるよう工夫してみましょう。

睡眠の質にこだわる

人間の体を再生させる成長ホルモンが出る時間帯は22時~午前2時頃と言われています。その時間帯までに就寝し、深い眠りに入っていることが持続的に生活バランスを保つコツです。

ただ、忙しくて深夜の2時以降に帰らざるを得ない……という方もいらっしゃると思います。そんな方は、お昼休みに10分~15分くらいの睡眠を挟むようにしてみてください。少し休養をとるだけでも体の復活具合が格段に違いますよ。

起床後のゴールデンタイムをフル活用する

早起きして起床後の1時間を自分の好きな時間に充てましょう。

多忙な日々を過ごす中で少しでも自分の時間を持てれば、ストレスをそこまで溜めずに済みます。趣味の時間、のんびり過ごす時間、資格の勉強など、自由に時間を使ってみてください。

電車の時間を有効活用する

ただ電車に乗っているだけではもったいない。朝の時間は一日のスケジュールの確認、ニュースに目を通す、キャッチアップの時間に使うなど頭を仕事モードに切り替える助走のために使いましょう。

情報を整理しておけば、会社に到着した後の仕事の立ち上がりもスピーディーになること請け合いです。

また、帰りの電車もゴールデンタイムです。一日の振り返りや、読書、勉強の時間に使うなど、プライベートに戻る助走時間に活用しましょう。

OFFの日は定期的な運動を試みる

“病は気から”と言いますが、まさにその通り。そして気の病は体からやってきます。1週間のうち1時間でもいいので、思いっきり体を動かしてみましょう。

ちなみに毎日お風呂上りにストレッチをするだけでも効果は大きいです。ストレッチも立派な運動ですし、股関節、肩甲骨周りの筋肉を動かせば肩こりや体のずれの防止にもつながります。

食事と体のバランスにこだわる

こちらも単純ですが、3食しっかり摂ることを強く意識し、特に朝食を摂る、夜は睡眠の3時間前までに炭水化物を減らして食べることを徹底すれば肥満の予防にもなります。

そして排泄を1日のミッションのひとつと意識し、毎食後心がけてください。

イメージ

自分にもできる仕組み作りが大事

上記のどれかにチャレンジするだけでも1日の流れが良くなると思います。すべては健康な体からです。私は上記をすべて実践していますが、パフォーマンスが上がって充実した毎日を過ごせています。

継続のコツは無理をしないこと。できなかったら仕方ありません。しかし、できなかった理由があるはずなのでその原因を探り翌日に改善してみる。この繰り返しだと思います。

皆様もぜひチャレンジしてみてください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×