2016年 コンサルティング業界の展望

コンサルティング業界で注目のサービスとは?

まず、近年コンサルティング業界で拡充したサービス・ソリューションを見てみましょう。

セキュリティ

サイバーセキュリティの脅威により国もサイバーセキュリティ基本法を成立させるなど国策として取り組んでいます。

特にリスク系に強みを持つ監査法人系コンサルティングファームを中心にサイバーセキュリティのソリューションを拡充しました。

エネルギー

2016年の電力自由化に伴うソリューションの拡充。また太陽光等の新エネルギーやスマートグリッドなどもよく聞かれるテーマになりました。

M&A

海外進出を目的としたクロスボーダーM&A、国内市場の業界再編等、経営戦略≒M&Aといわれるほど、M&Aが活発な一年でした。

M&Aの実施だけでなく、統合のプロセス(PMI/ポストマージャーインテグレーション)においてもコンサルティングファームが活躍する機会が増えました。

デジタル

2013年頃から耳にするようになりましたが、デジタルマーケティング、ビックデータなどのソリューションは2015年が元年といっても過言ではないかもしれません。

IBMの人工知能(AI)Watson、アクセンチュアとファーストリテイリングがデジタルイノベーション領域で協業など、話題に事欠かない1年でした。

アクセンチュア、デロイトに続きアビームもデジタルの専門部隊を立ちあげました。

イメージ

2016年コンサルティング業界の見通しと採用状況は?

TPPに関連したテーマは今後増えそうですが、セキュリティ・エネルギー・M&A・デジタルのソリューションは引続き拡充していくでしょう。

ただ、セキュリティにしてもデジタル(アナリティクス)にしても市場に経験者が少ないのが現状。

いかにトレンドのソリューションを早期に拡大できるかが、各ファームのビジネスにとって大きなテーマですので、即戦力の採用が難しい場合はコンサルタントとして経験があれば、領域が異なっていても採用につながるケースが増えています。

実際、大手コンサルティングファームでも若手ITコンサルタントを組織人事やM&Aコンサルタントとして採用するケースもあります。

事業会社出身の方も専門領域が特に前出のテーマであればコンサルティングファームで活躍する機会が広がっており、ITコンサルタントからビジネスコンサルタントへの転身、事業会社からコンサルティングファームへの転職を考えている方はチャンスといえます。

「今後も拡充していく注目の領域で活躍していきたい」と、お考えの方は気軽にご相談ください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?