自分のキャリアを真剣に考える

未経験からファームに挑戦する人をみて思うこと。

ご面談では第二新卒レベルの方から、30代後半の方まで幅広い年代の転職希望者に日々お会いしています。

最近は特に30代後半の方とお会いすることが多いのですが、20代の転職と30代後半の転職となるとだいぶハードルも違ってきます。

例えば20代の方であれば未経験領域でも市場価値が上がるようなキャリアには積極的にチャレンジしてもらいたいと思いますし、我々としても心からお薦めできます。

ただ、30歳半ばを過ぎてからは即戦力性が強く求められるようになりますので、未経験領域(が多い)分野への転職や興味があるレベルの転職は慎重になった方が良いでしょう。

「熱意」だけではなく、「客観的」に自分にとって一番合っているキャリアを考えることが大切です。

今までの経験から、その会社に貢献できること、中長期的な視点でのリスクなど、家族の理解などを踏まえた上で総合的な判断を必要があります。

我々キャリアコンサルタントは今まで多くの転職者のサポートをしており、統計的にも過去の経歴からこのような経験がある方はどのような企業で活躍できるか?
というのがある程度わかっています。

逆に言うと転職しても残念ながら活躍できず、すぐに辞めてしまったような方もたくさん見てきています。短期間で辞めてしまうというのは、次の職に就く上でもマイナスの要素が非常に大きいです。

もし自身で客観的に最適と思われるキャリアを考える、選択することができないのであれば、我々のようなエージェント、特に複数のエージェントに話を聞いてみることをお勧めいたします。

イメージ

ファームから転職する人を見て思うこと。

一方で、現役のコンサルタントの方にお会いする機会も多くあります。短期・中長期を問わず転職のご相談にいらっしゃる方や、単純にご自身のキャリアについてご相談にいらっしゃる方もいます。

正直、コンサルタントの方は他業界の同年代の方に比べ選択肢は多いと思います。

年収やキャリアチェンジに拘りがなければ、コンサルタント経験者を求める企業はたくさんあります。

「事業会社の3倍のスピードで成長する」と言われていることもあり、同年代の中で優秀なビジネスパーソンであることは間違いないわけです。

しかし選択肢が多いせいか、何か見ているともったいない転職をしている方が多いのも事実です。

その企業・ポジションならファームを経由しなくても良かったのではないかとご経歴を拝見して思うことがあります。

ファーム経験者/未経験者いずれの場合でも、ネクストキャリアでどのような職に就くか、どの企業を選ぶかで人生も大きく変わってきます。

自分一人の主観ではなく必ず客観的な視点からの意見も取り入れた方が良いでしょう。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?