【第二弾:IBMビジネスコンサルティングサービス ~キャリアパス編~】

前回に続いてIBMビジネスコンサルティングサービスを御紹介させて頂きます。
この度は
IBMビジネスコンサルティングサービスのキャリアパスに触れてみます。

◆パートナーになっても・・・

パートナーの仕事は、仕事を受注するためにセリング力が問われる
つまりプロモーションする人は営業力と政治力が必要になる
年間予算を持っており、その為に、最近はコンサルティングファームの
IT化が加速しているという背景がある
ただしIBMBCSは
①セリングパートナー(営業力が問われる)
②デリバリーパートナー(コンサルティング力が問われる)
③ラインパートナー(ラインのマネジメント力が問われる)
などの様々な、パートナーとして幅広い選択肢を選ぶことが出来る。
その人に合わせたキャリアパスの構築が出来る!!

◆IBMという事業会社の中で変わったキャリアパスを!!

IBM:箱崎⇔IBCS:丸ビルとの人材交流は盛んであり
 事業部によっては同じ職場で仕事をしている!!

またIBCSのコンサルタントに幅広いキャリアパスを提供している

①日本IBMのファイナンス部門へ
②日本IBMのマーケティング部門へ
③日本IBMの事業企画部門へ
④日本IBMの出資している事業会社へ
⑤IBCS自体の間接部門へ


やはりベンダー系のファームの色が出ていますね。
様々なキャリアパスがある事も特徴の一つだと言えます!!

皆様のご参考にして頂き同社に対してのご質問があれば何なりと
ご相談を頂ければ幸いです。

以上

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×