【コンサル攻略法~面接ポイント No.1~】

-事業VSコンサルティングファーム-

みなさん、コンサルティングファームの面接、
どうすれば突破できると思いますか?


現在のポジションによっても変わってきますが。。
上になればなるほど、キャリア重視。理解を頂けると思います。

それは事業会社でも同じことです。

ここで事業会社と比較をしてみましょう!!

事業会社で基本的に聞かれることは
□自己PR(専門性)
□貢献できるポイント
□志望動機
□退職理由
□将来どんなビジネスマンになりたか?
□成功事例・失敗事例

より仕事にリンクした具体的なもので
ある必要があります。


これを聞かれます。

優秀な人材であって、うちの会社で活躍のポジションが
ありそうだ、となれば採用に至るわけです!!

活躍のポジション、というのは業務内容もそうですが、
社風であったりとか。
要は長く働いてくれるかどうかを見ます。


長期で貢献してくれる人材か?
採用したはいいけどすぐ退職してしまいそうな人材は
出来るだけとりたくない。
そういう人は採用コストを考えたら、。
当然のことです。


だから
「うちの会社の社風にあってるかな?」
「うちの理念や仕事に価値を感じてるかな?共感してるかな?」
が採用する側としては重大なポイントになります。
当たり前ですよね。


けれど、コンサルティングファームは違います。


採用する時「やめないで続けてくれるかな?」なんて考えてません。

そもそも面接をしている面接官が、そろそろかなと考えている
ケースも珍しくありません。


実際やめないで続けてくれるか、はあまり見ていないと言うことです。
それでは面接で何を見てるかと言ったら、
うちで通用するかどうかだけを見ております。

選考のポイントは
□能力的判断(活躍できるだけの実力があるかどうか)
 ⇔相性的な判断定着率はみておりません)
□コンサルタントは能力を最重視します。
□キャッチアップ能力 プロジェクトで必要とあらば3日間で関連する
 本を30冊読んで「私はプロです」と名乗れる学習力があるか?
□論理性
□ケーススタディ コンサルティングファーム独自のものですがこれを
         クリアする為には日頃の思考のトレーニングが必要です!



以上、『事業VSコンサルティングファーム』と比較しながら御紹介させて頂きましたが
ご連絡を頂ければ更に詳細な情報をお伝え出来るかと思います。



次回はよくコンサルティングファームの面接において出てくる
『地頭』についてお話をさせて頂きます。
ご参考にして頂ければ幸いです。

 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×