【株式会社プロティビティジャパンの特徴・年収・沿革・中途採用の動向など】リスクコンサルティングをリードするグローバル・カンパニー

今回のコラムでは、リスクコンサルティングをリードするグローバル・カンパニーである株式会社プロティビティジャパン(Protiviti Japan)の特徴・年収・沿革・中途採用の動向などについてご紹介いたします。

【目次】

  1. プロティビティジャパン(Protiviti Japan)の特徴「パワフルな洞察力」「実績あるサービス」
  2. プロティビティジャパンの社風・働く環境「横の繋がりが強い」「9割以上が中途入社」
  3. プロティビティジャパンの沿革と事業内容「リスクコンサル」「内部監査」を得意とするファーム
  4. 新卒はボストンキャリアフォーラムにて募集、中途では高い英語力×リスク領域のスペシャリティが求められる
  5. プロティビティジャパン、各タイトルの仕事内容と転職の際に求められるスキル・経験

プロティビティジャパン(Protiviti Japan)の特徴「パワフルな洞察力」「実績あるサービス」

Powerful Insights:パワフルな洞察力

不確実性の高い現代社会に、企業や組織が生き残り、その価値を最大化させるためには、企業を取り巻く環境の変化を正確かつ迅速に把握するとともに、将来起こりうる変化を見通すための高度かつ実践的な洞察力が求められます。

同社はグローバルネットワークを通して、世界中で発生する変化やリスクを迅速に把握するとともに、企業や組織が生き残り、価値を最大化すべく、コーポレート/ビジネスガバナンスの本来あるべき姿を描き出しております。また、描き出されたその姿は、企業や組織の価値や競争力の向上に大きく貢献しており、お客様の戦略達成を確実なものにしているようです。

Proven Delivery:実績あるサービス

プロティビティのグローバルネットワークは、お客様の問題解決に向けて、プロジェクトを効果的・効率的に推進すべく、数多くの事例と解決に至る道筋の情報を提供しています。

プロティビティは、このグローバルネットワーク、実績に裏打ちされたコンサルティングメソドロジと内部監査方法論を活用することにより、洗練された品質でお客様の問題解決にあたっております。

同社の提供するサービスの品質は、グローバル企業や組織におけるビジネスガバナンスのあるべき姿の実現に寄与しており、多くのお客様の信頼を得ているようです。

また、既存のお客様の多くが、継続的なサービスの提供を望まれており、プロティビティを戦略的ビジネスパートナーと位置づけているといった声もございます。

プロティビティジャパンの社風・働く環境「横の繋がりが強い」「9割以上が中途入社」

オフィスは整頓され、パーティションは低く、中央に打ち合わせスペースが設けられてコミュニケーションがとりやすいようにデザインされております。かたわらには、休憩スペースも完備されております。

社風はフラットな雰囲気で横の繋がりが強く、風通しが良い上、裁量権を認められているので、コンサルタントは自由に活動できる。9割以上の社員が中途入社なので、色々な背景を持った人が集まっているようです。

プロティビティジャパンの沿革と事業内容「リスクコンサル」「内部監査」を得意とするファーム

Protivitiは、米国NYSE上場会社Robert Half International INC.(RHI)の資本提供により、Arthur Andersen LLP.のリスクコンサルティング部門を、30ヶ所の事務所と800名の社員数および10年以上培ったリスクマネジメントや内部監査のテクノロジ、ツール、メソドロジー、ナレッジを受け継ぎ、2002年に設立したリスクコンサルティングと内部監査を専門とする会社です。

株式会社プロティビティジャパンは、アンダーセンのメンバーファームであった朝日監査法人のリスクコンサルティングの人材を中心に、Protivitiのアジア・パシフィックの拠点として2003年1月に設立されました。

また、現在の日本代表は日本で初めてグローバル内部監査人協会のCCSA(内部統制評価指導士)資格を取得した谷口靖美 氏が務めております。

新卒はボストンキャリアフォーラムにて募集、中途では高い英語力×リスク領域のスペシャリティが求められる

また、採用では、入社時点から英語力が求められるため、新卒の採用は留学生向けのセミナーであるボストンキャリアフォーラムにて行っております。

また、中途採用では英語力に加え、内部統制構築支援やITアドバイザリーなど同社の注力領域であるリスクやリスク視点でのITアドバイザリーを行ってきた方が採用されております。

プロティビティジャパン、各タイトルの仕事内容と転職の際に求められるスキル・経験

金融リスク/コンプライアンスソリューション主担当

【仕事内容】

●市場リスク管理高度化支援
-ALM(アセット・ライアビリティ・マネジメント)業務見直し(管理の枠組み・プロセス・組織)に関するコンサルティングやALMシミュレーションシナリオ生成モデル構築支援などのシステム高度化支援

-市場リスク管理業務設計・BPR、システム・グランドデザイン、システム要件定義、システム開発・テストなどの市場リスク管理システム見直し・更改支援

●信用リスク管理高度化支援
-バーゼルII規制対応、改訂金融監査マニュアル対応などにおける業務支援
-内部管理業務高度化支援
-信用リスク管理全般の内部監査支援

●オペレーショナルリスク管理高度化支援
-RCSA(リスクおよびコントロールの自己評価プログラム)の設計、実施に向けたプランニング、実施支援
-データ定義や損失データ収集プロセス定義、収集インフラ整備支援など
-弊社 PGP 内にある ORM PortalTM のほか、そのほかパッケージ導入支援等
-他、システム・リスク、BCM 、コンプライアンス対応などのオペレーショナル・リスクに含まれる個別のリスクに対する対応支援

●リスク計測モデル
-金融機関において重要な信用リスク・市場リスク・オペレーショナルリスクを対象に、信用 VaR 、市場 VaR 、オペレーショナルリスク VaR、信用格付モデル( PD 推定モデル )、LGD推定モデル、EAD推定モデル、シナリオ分析などの計測モデルの開発、妥当性検証、内部監査を支援

●統合リスク管理 / 自己資本管理 / 収益管理フレームワーク構築支援
-統合的リスク管理・自己資本管理・収益管理フレームワークのデザインと実現のための マスタープラン策定に関するコンサルティング

●情報インフラ整備支援
-統合的リスク管理・自己資本管理・収益管理フレームワークの実現に向けた各種情報をタイムリーに提供できる情報インフラ構築のグランドデザインから開発までの総合的な支援

●マネーロンダリング対策
-アンチマネーロンダリング(AML)コンプライアンスプログラムの策定

【求める経験・スキル】

  • 金融機関でのリスク管理、またはコンプライアンス関連業務経験者
  • 金融機関での業務フローが十分に理解できる方で専門的な領域を有する方
  • 金融機関でのシステム部門経験者 (PM経験者、上流工程経験者であれば尚可)
  • 大手金融機関出身者である方

【年収】

600~1,400万円

ITソリューション主担当 

【仕事内容】

CIO、CFO及びその他の経営幹部に対し、経営戦力とIT戦略の整合性を高め、ITシステム投資に関するリスクを最小化する一方で、投資に対するリターンの最大化をより確実にするための支援を行います。

IT戦略の実現においては、要件定義やテストに対する支援から、プロジェクトの進捗・品質管理、ベンダーコントロール、プロジェクトリスク管理のPMO支援、システム開発や保守運用、アプリケーション管理にいたるまで、情報技術に対する様々なお客様のニーズを総合的に支援します。

また、情報漏洩や様々な自然災害の発生に備え、ガバナンスの態勢を整備すると共に、グローバルでのノウハウを踏まえた事前・事後の対策を支援します。主な支援分野は次のとおりです。

●ITリスク&ガバナンス評価構築支援-企業の IT 部門における要件定義やデリバリーに関連する費用の規定、外部委託を行っているプロバイダーのサービスレベル向上を目指すソリューションの提供
-情報システムのパフォーマンスが経営目標に合致しているかを測定しモニタリングする支援や、モニタリングプロセスの構築支援

●プロジェクト管理支援
-プロジェクトの進捗・品質管理、ベンダーコントロール、プロジェクトリスク管理のPMO支援

●エンタープライズ・アプリケーション管理支援
-ERPシステムを利用している企業に対するコンサルティング(プロティビティのメソドロジーを活用したアプリケーションコントロールの評価支援の実施)
-ERPシステムを導入済みのお客様、もしくはこれから導入を進めようとしているお客様に対して、内部統制の観点から効果的かつ効率的にERPシステムの機能(各種パラメータ設定やセキュリティに関する設定)を利用していくための支援

●情報セキュリティ管理支援
-セキュリティーやプライバシーに関するアセスメントサービス、各種マネージメントシステムの構築支援サービスの提供
-企業のセキュリティーやプライバシーの問題の明確化及び問題を未然に防ぐ為の支援

●事業継続管理支援
-組織の主要ビジネスプロセスの運用につながるリスクに基づいた、BCMの提案
-人、プロセス、IT基盤の全体から、クライアントの継続要求に沿った、戦略分析と評価、アプローチ・手法の策定、計画の評価と実施。また、基準規制の遵守を確かなものにするための定期的なモニタリングの実施

【求める経験・スキル】

  • システム開発・導入経験●金融業界の知識(あれば尚可)
  • プロジェクトマネジメント経験(あれば尚可)

【年収】

550~1,200万円

グローバル対応支援IT担当

【仕事内容】

海外拠点内部監査、内部統制報告制度(J-SOX)、財務報告プロセス改善、グローバル情報システムのアーキテクチャー設計・実施、金融機関向けリスク管理システム設計・実装、プロジェクトマネジメント支援等のさまざまなソリューションをグローバルに提供します。

世界24カ国、60を超える拠点を結ぶネットワークを通じ、海外事務所との連携により、企業の海外子会社及び事業拠点における様々な課題を解決します。リスクアプローチにもとづく情報システムの内部監査の全面的あるいは部分的な受託、お客様の内部監査部門と共同での内部監査を実施します。

主な支援分野は次のとおり、<求人④と類似しますが、グローバル企業を対象に英語を多用した業務となります>

●グローバルITガバナンス方針、規程作成支援、グローバル情報システムアーキテクチャー策定支援
-親会社の経営管理方針、グローバル会計・業務基準と整合性のとれた情報システムを海外拠点に構築・導入する上でのグローバルなITガバナンス方針、規程及びグローバル情報システムアーキテクチャーの策定を支援

●情報システム内部監査支援
-ITのプロセス、コンポーネント等に対してシステムリスクの観点からITリスクアセスメントを行い、監査対象の優先順位付けと中長期及び単年度の監査計画の立案を支援
-経済産業省「システム管理基準」、金融情報システムセンター(FISC)「金融機関等のシステム監査指針」、COSO,COBIT等のフレームワークを基に、お客様の内部監査方針や被監査対象の個々の実態を考慮した方法論を提供します。

●情報セキュリティ管理支援
-セキュリティーやプライバシーに関するアセスメントサービス、各種マネージメントシステムの構築支援サービスの提供
-企業のセキュリティーやプライバシーの問題の明確化及び問題を未然に防ぐ為の支援

●ITリスク&ガバナンス評価構築支援
-企業の IT 部門における要件定義やデリバリーに関連する費用の規定、 外部委託を行っているプロバイダーのサービスレベル向上を目指すソリューションの提供
-情報システムのパフォーマンスが経営目標に合致しているかを測定しモニタリングする支援や、モニタリングプロセスの構築支援

●エンタープライズ・アプリケーション管理支援
-ERPシステムを利用している企業に対するコンサルティング(プロティビティのメソドロジーを活用したアプリケーションコントロールの評価支援の実施)
-ERPシステムを導入済みのお客様、もしくはこれから導入を進めようとしているお客様に対して、内部統制の観点から効果的かつ効率的にERPシステムの機能(各種パラメータ設定やセキュリティに関する設定)を利用していくための支援

【求める経験・スキル】

  • 大手監査法人もしくはコンサルティングファームでのIT関連業務経験
  • システム開発・導入経験、ERP導入経験(あれば尚可)
  • システム監査、SOX-IT業務経験(あれば尚可)

【年収】

500~1,100万円

=================

今回のコラムでは、リスクコンサルティングをリードするグローバル・カンパニーである株式会社プロティビティジャパンの特徴・年収・沿革・中途採用の動向などについてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×