キャリアコンサルタントが、紹介をいただくために。

thumbnail



先週今週は非常に多くの方とお会い致しました。
すぐに転職したい方もいれば、長期的な視野での情報収集という方。
単に、話に来たという方もおります。

私が心がけているのは、どんな状況の方でも、当日お話する内容の
準備は全力で行います。最低一時間以上。

大体お話しする時間が一時間ですから、それ以上に準備の時間を
費やします。基本はその人目線で全求人を見てみる。

場合によっては、事前に企業に電話して
「本日、こんな経験の人が来るのですけれど、ニーズありますか?」
と聞いて回ります。

結構、業界を見ていると、この辺りが出来ていない方が多いような気がします。

素晴らしい経歴の方で、すぐに転職する!という求職者に対しては、
どんな馬鹿なキャリアコンサルタントでもしっかりと準備します(笑)。
しかし、どの業界でも、人と同じ事をしているのでは、差はつきません。

我々の商売としては、優秀かつすぐに転職してくれる方は女神様。
しかし、そんな人は20名に1名程度。出現率5%に全力を注いでいるのでは、
ダメですね。当然競合も激しいでしょうし(笑)。

この商売は大変難しい。

何と言っても、人生で大きなウェイトを占める仕事を変えるサポートですから、
すぐに、簡単に終わるわけはありません。
何らかの事情で会社を辞めなければいけない、または、すでに退職している方は
活動理由が明確なのですが、現職をお持ちの方が転職を考える時には、
様々な要因が絡みます。

・そもそも、どんな仕事をやりたいのか分からない
・適したタイミングが分からない
・意外と同業他社のことを分かっていない
・今度子供が生まれるので、、、
・社内異動もありえるかも。。。

もう、本当に、いろいろなモヤモヤが重なりあって、悩んだ状態で
お会いしているのがほとんどです。転職を考えている方は、基本、
悩んでいるので、それをしっかり聞いてあげることが重要です。

それにしっかりと向き合って、その方に合う情報を、適した量だけ提供して
あげることからスタートします。

タイミングは、3ヶ月で活動を終える方もおりますし、私の最長は
お付き合い開始から8年目という場合まで。

結局は、キャリアコンサルタントがどう騒ごうとも、入社のタイミングは
皆様が決めるのです。それを一方的に押し付けようと焦ると、
うまく転職のサポートは出来ません。

このあたりは、子育てと一緒ですね。子供が自立して主体的に動き出すまで
親が待てるかどうか。

求職者が、自分のペースで動き出すところをしっかりと見極め、
サポートし続けていると、その方から他の転職に悩んでいる方を
紹介してくれます。キャリアコンサルタント的には、本当にありがたいお話です。

人生の重要な分岐点である転職を、私に託してくれるわけですから、
信頼してくださっていると感じることで、私の仕事にも拍車がかかります。
そうして、紹介を沢山頂き、忙しく日々仕事をさせていただいている時は、
充実感にあふれます。

一般的に、キャリアコンサルタントという仕事は10名お会いして、
そのうち担当した方の転職をサポートできる確率は1割程度
と言われております。そもそも、転職を辞めたとか、受からなかったとか、
他のキャリアコンサルタントにサポートされたとか。。。
意外に思われる数字でしょうが、そんな程度の確率なのですよ(笑)。

私の考えとしては転職をサポート出来なかった人たちにも、
何かを与えたいと思います。
業界情報とか、面接対策とか、書類の書き方とか、ただ単に話して
気持ちが楽になったとか。。。

そうやって、その方にとって、お付き合いするメリットがありそうだな、
というポジションを目指して日々頑張っていきたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
↑ ↑  コンサル仲間がいっぱい!

基幹サイト:http://150.60.73.234/
コンサルBiz:http://www.consul.bz/
IT READER Biz:http://www.it-leader.biz/

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?