「マネジメントコンサルタント(業務)」と「ITコンサル」の違いがなくなっているという話

「業務システムの知見」などマネジメントコンサルとITコンサルに求められる採用要件が重なってきている

こんにちは伊藤です。最近、マネジメントコンサルタントとITコンサルタントの境界線が限りなく無くなっていると感じています。

とあるファームのパートナー(ITコンサル)の方と採用したい人材像についての話をした時の事。

  • ブループリントが描ける
  • 業務プロセスの深い理解
  • 業務システムの知見

う~ん。御社のマネジメントコンサルのチームと人材要件同じなんですけど。。。。

率直に話してみると、「その通り」だそうです。

確かにそのファームの出身の方とお会いすると、ITコンサルでもBPRや組織改革のキャリア中心の方が結構いらっしゃるのが事実です。

IT戦略や業務コンサルなど、ITコンサルのキャリアパスは年々広がっている

ITコンサルのキャリアは大きく下記の4つ

  1. 業務より
  2. アーキテクトより
  3. IT戦略より
  4. インフラより

いわゆるITコンサルとしてイメージが近いのは2と4ですね。ただし、1とか3という道も大きく開けてきたでしょうか。KPMGコンサルティングの戦略チームでり、業務改革まで踏み込む点に特徴を持つStrategic Transformationでは、IT案件の割合が多いため業務コンサルとともにITコンサルの採用ニーズも非常に高くなっております。

転職事例:20代後半 男性、年収800万(大手ITファームにおけるシステム導入コンサル、輸出業務プロセスのシステム化など)
⇒シニアコンサルタント、年収850万

参考記事:「BIG4」各ファーム独自の「戦略ポジション」特徴・転職年収事例・キャリアパスまとめ
https://www.axc.ne.jp/media/careertips/big4strategyteam

また、最近は戦略ファームでもITやデジタル領域の高い専門性を生かしたソリューションをクライアントから求められるようになり、IT戦略中心のキャリアの方は戦略ファームの採用ニーズが年々高まっています。

参考:デジタルBCG
https://www.bcg.com/ja-jp/digital-bcg/overview.aspx

関連記事:「戦略ファームの役員になれる」ITコンサル、「システム屋で終わる」ITコンサル
https://www.axc.ne.jp/media/careertips/itconsultantst

=================

今回の記事では、「マネジメントコンサルタント(業務)」と「ITコンサル」の業務内容の変化についてお伝えしました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

「現在も」積極採用中の企業・求人(※非公開含む)多数。全ての面接プロセスをWebで完結も

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

「現在も」積極採用中の企業・求人(※非公開含む)多数。
全ての面接プロセスをWebで完結も

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方
×