「でもしか」転職

thumbnail

私が子供の頃には「でもしか先生」と言われる人がいました。

高度成長期に教師の数が足りなくなり、希望者は殆ど教員になれた(?)という時代がありました。

 

 

他にやりたいことが見つからないから教師「でも」するか。

 

とか、

 

特に秀でたものも無いから教師くらい「しか」なれない。

 

 

これが「でもしか先生」。

思いっきりネガティブです。

 

もちろん当時も熱い想いを持った教師達は多く、私もそのような先生との出会いもありましたよ。

 

 

~「でもしか」転職活動~

 

さて、転職活動において「でもしか」転職は是でしょうか非でしょうか?

過去にこんな方がいらっしゃいました。

 

①将来やりたいことが漠然としているので、取り敢えずコンサルタントに「でも」なるか・・・

 

②システムエンジニアの経験が中心なので、IT領域「しか」転職できないのでは・・・

 

 

①②の方、共にネガティブですね。

 

 

①の方は、前職キャリア官僚。

30歳目前、キャリアを見直した時に

「国という大きな枠組みではなく、自分の力でリアルに経済を動かしたい」

と思われたそうです。

 

初めてお会いした時に、こう仰っていました。

「自分のキャリアで、営業とか経理は無理だと思いますので、コンサル『でも』と思ってます。

 

※キャリア官僚は、学歴優秀で採用基準も物凄く高いです。

 でも入省後はジョブローテーションで、30歳前後ではこれといった強みも無いのが一般的。

 30歳過ぎてしまうと、一般事業会社では、なかなか受け皿が無いのが現状です。

 

 

②の方は現職はシステムエンジニアで、経営コンサルをやってみたいというご志向。

 

初めてお会いした時はこう仰っていました。

SEなのでIT領域『しか』無いですかね

出来れば経営コンサルタントのような仕事をしてみたいのですが」

 

 

~「でもしか」転職の結末~

 

①の方は、シンクタンクからオファーが出ました。

希望通りのポジションで新たなキャリアをスタートされています。

コンサル「でも」と、軽く考えて活動してオファーを獲得されました。

天才肌でしたね、この方は。

 

②の方は、ITコンサルタントでオファーが出ました。

戦略・経営コンサルタントの面接へも行かれましたが通過ならず。

転職活動を通して、正直、経営コンサルタントとしては歯がたたないな、と感じたそうです。

やはり自分はITと、ITコンサルタントへ転身されました。

IT「しか」が、IT「が」強みと思えるようになったわけです。

 

 

 

転職を考えるきっかけは「でも」で良いと思いますし、

活動を通して「しか」が「が」に変化すれば大きな収穫です。

 

 

「でもしか」で転職を検討するのも、ありかもしれません。

但し転職活動の準備は念入りに。

 

 

▼コンサルタントキャリアビズのホームページでもコラム執筆中です!▼
http://www.consultantcareer.biz/prelusion/ito/ 

【図解雑学 コンサルティング業界のしくみ】  都内有名書店/Amazon他で好評発売


★twitterにてツイート中!Follow me Please!★

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial