【コンサルタントは40代がモテ期!】直近の「40代以上のファーム内転職」の事情

40代目前でポストコンサル転職の相談を受けるケースが多い

長い間「コンサルタントは35歳で定年説」がありました。実際に35歳くらいになると「そろそろ事業会社へ~」というネクストキャリアのご相談が多いです。

なぜ40代目前でポストコンサルを志向するのかといえば、

・そろそろ体力的にキツくなってきた。
・第3者的な立場でなく当事者として事業に関わりたくなった

などが、理由として多く聞かれます。

転職の本音は、「正直居づらくなった」というケースも

しかし、じっくり話しをお聞きすると同期・後輩が昇進してしまい「正直居づらくなった」という方も結構いらっしゃいます。「コンサルの仕事は好き、でも現職はちょっとやりにくいなぁ」と。

実はここ数年で、「退職もやむなし」から「長く定着してもらおう」というファームが増えている

今までのコンサルティングファームはこのような方の退職を「競争の結果なので、退職もやむなし」としてきました。

ただ、ここ数年は少々事情が変わってきています。

「コンサルタントとして優秀であれば、長く定着してもらおう」と各ファームも徐々に社内にポジションやタイトルを作るなど工夫しています。

参考:コンサルティングファームで60歳まで働き続けるために必要なこと
https://www.axc.ne.jp/column/media/careertips/60consultant

経験者であれば、「40代Welcomeです!」との声も

中途採用でもこの流れはきています。

経験者限定ですが「40代Welcomeです!」との声をよく聞きます。私のサポート実績も最近は30代後半から40代後半迄の方が中心になってきました。

ごく最近も「40代で転職モテ期が来ました!」という例が。

各社で評価高く、オファーを5~6社獲得。どこに入社すべきか悩んでいる方がいらっしゃいました。40代のコンサルタントが他ファームで複数社オファーを獲得する事例が増えてきています。

少し前なら書類選考の段階で「これが30代なら・・・。」と言われていたかもしれません。

組織構成を年齢ではなく、タイトルや職責で考える。中高年の採用が促進するということは、キャリアの選択肢が増えるだけでなく企業も即戦力の人材を確保できますので、日本の経済にとっても素晴らしい事だと思います。

40代の私としてはコンサルティング業界だけでなく、多くの業界で40代が転職モテ期になることを願っております。

改めて同世代の転職サポートを強化したいと思った次第です。

40代エンジニアのコンサル転職も増えており、ITバックグラウンドであれば未経験でもチャンスがある

また、直近では40代のエンジニアの方から、「今からコンサル転職は可能か」等のご質問をいただく機会も多いです。

・システム開発の要件定義・構築・保守運用
・課題分析と解決策の立案、実行の経験

上記のような要件定義以降の上流工程などを経験しているITバックグランドの方であれば、コンサル未経験でも採用されるケースが増えております。中には50代未経験でITコンサルに採用された事例もあります。

参考:「二次受けSIer・40代エンジニア」のコンサル転職事情について
https://www.axc.ne.jp/media/careertips/40sier

=================

今回はファームtoファーム転職の可能な年齢が上がってきている現在の状況についてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。


アクシスの求人のうち、
約77%は非公開です。

キャリアのご相談や、非公開求人の紹介などをご希望の方は、
ぜひ下記より転職支援サービスにご登録ください。

新規会員登録はこちら(無料)

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

アクシスの求人のうち、
約77%は非公開です。

次のキャリアを模索・検討されている方や、非公開求人の紹介、企業の独自情報等をご希望の方は、ぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

新規会員登録はこちら(無料)

※非公開求人は約77%。求人のご紹介、キャリアのご相談、
企業の独自情報等をご希望の方はぜひご登録ください。

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーコンサルの方/目指す方。
×