英語を活かしたいから海外勤務をしたい!

thumbnail

現在キャリアを構築する上で最も有効と言われているのが外国語。

特に英語のスキルをお持ちの方は数多くの魅力的なポジションがあります。

 

ところが、一方で英語が得意な方が陥りがちな罠も。

 

例えば「英語を活かし海外勤務をしたい!」。良くご相談頂く内容です。

我々エージェントとの面談では問題無いですが、

間違っても面接の場面で同様のコメントされないよう気をつけて下さい。

 

海外勤務する上で英語が重要で有効なコミュニケーションツールであるのは事実で、

語学力の無い方が海外勤務は非現実的です。

 

 

ただ、ちょっと考えてみてください。

極論を言えば「英語力はコミュニケーションツールでしか無い」のです。

英語が出来るだけでは当然採用されません。

 

海外勤務を希望される方は「語学スキル以外」で

以下の質問に答えられるようにしておくと良いと思います。

 

・何で海外勤務をしたいのか?

・強みは何か?

・業務上貢献できるポイントは何か?

・将来のキャリアビジョンは?

 

面接の場で海外に行くこと・語学を活かすことを目的に

キャリアを語らないようにしてください。

 

採用する側は、あなたを採用した時の貢献度をみています。

ビジネスパーソンとして語学以外の強みや貢献ポイントを明確に伝えられるようにしてください。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?