仕事が「志向」・「感性」を形作る

こんにちは。
アクシスコンサルティングの福原です。
 
先日、とある企業でITインフラ・セキュリティ部門の統括部長をされている方と面談をしました。
 
 
初めての面談だったため、冒頭で弊社の個人情報に関するご案内をしたところ、
 
『御社はセキュリティに関する取り組みや配慮が行き届いているようで安心しました。』
 
とのお言葉を頂きました。
 
 
詳しく話を伺ってみると、仕事柄、セキュリティに関することに日頃からアンテナの感度が高いとのこと。
 
この話を受けて、仕事が考え方や感性に与える影響の大きさを再認識しました。
 
 
日頃を振り返ると、触れる情報の多くは仕事に関連するものであることに気づきます。
 
そう考えると、仕事に関する情報に感度が高まるのは、ある意味当然かもしれませんね。
 
 
これを少し転職活動に当てはめてみましょう。
 
多くの企業では書類選考・一次面接は人事が担当します。
 
 
彼らは、日に何十・何百というレジメに目を通し、多くの転職希望者との面談をこなしています。
 
“仕事柄”人に対する関心やアンテナ感度の高さは、その他の仕事をする方と比べはるかに高いものです。
 
 
余談ですが、以前読んだ城山三郎の「官僚たちの夏」という小説では、
 
経済産業省の人事をめぐる物語が描かれているのですが、
 
主人公(人事責任者)の「人」に対する関心の高さには驚かされました
 
…あくまで物語ですが。。
 
 
つまり、転職活動の入口で相対する人事担当者は、ある意味「人のプロ」であり、
 
レジメのご誤字脱字や面接でのちょっとした気の緩みも見逃していません。
 
レジメの作成や面接対策は、自身の基準ではなく「プロ」の目線に立って準備をする必要があります。
 
 
 
そしてもう一つ。
 
日々の仕事の中では、“業界や企業の常識”を前提に仕事をしているはずです。
 
この“常識”があるからこそ仕事が円滑に進むことは間違いありません。
 
 
しかし、キャリアチェンジをする際などは、この気づかない“常識”に自身が囚われていないか、チェックが必要です。
 
 ●企業でしか通じない略語を使わない
 
 ●職務内容や背景などを相手が理解できるようわかりやすく伝える
 
 ●選考企業が求める人物像を相手目線で考え、これに合わせた言動をとる
 
 
“業界の常識は他の業界の非常識”ということもあります。
 
上記のような点も、一度立ち止まってチェックをして頂くと、
 
知らず知らずのうちに身についていた“常識”にお気づきになるかもしれません。
 
 
 
最後に、仕事がご自身に与える影響はやはり大きいもの。
 
キャリア形成においてお手伝いできることがありましたら、お気軽にご連絡ください。
 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×