マズローの欲求5段階説 と 転職理由

thumbnail

 

先週末ちょっと調べ事があって、15年前くらいに勉強した

労務管理のテキストをパラパラとめくっておりました。

人間関係管理という項目の中で、【マズローの欲求5段階

をマジマジと見てしまいました。

あー、これって転職動機、そのものだなぁ。。と。

 

おさらいですが、【マズローの欲求5段階説】というものは

人間の基本的欲求を低次から述べると、以下の通りとした

学説である。(wiki参照)

 

1、生理的欲求(Physiological needs)

生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的・根源的な欲求

一般的な動物レベル。

 

2、安全の欲求(Safety needs)

安全性・経済的安定性・良い健康状態の維持・良い暮らしの水準

事故防止、保障の強固さなど、予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求

 

3、所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)

1,2を満たされた前提。

自分が社会に必要とされている、果たせる社会的役割があるという感覚

情緒的な人間関係・他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚

 

4、承認(尊重)の欲求(Esteem)

自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求 

 

5、自己実現の欲求(Self-actualization)

以上4つの欲求がすべて満たされたとしても、

人は自分に適していることをしていない限り、

すぐに新しい不満が生じて落ち着かなくなってくる。

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して自分がなりえるものに

ならなければならないという欲求。

 

上記が、マズローが提唱した人間の欲なのだが、

皆さんも見てわかるとおり、転職をちらっと考えるときは

上記が満たされていない時だと感じませんか??

 

1とか2のレベルで不満を持つとなると、

速攻で転職せざるをえませんね(笑)。

1レベルですと生命の危機ですし、

2レベルだと会社がつぶれそうで経済的危機とか。

なので、多くの方が転職を考えるときは3とか4のレベルが

満たされ無いときになります。

 

そうです。転職の理由・動機で一番多いのは【人間関係】

言われております。まさに、レベル、3,4の話。

会社や周囲の人間に、認知されていない、

価値を理解してもらえない、そんな状況のときでしょう。

 

だからこそ、働きやすい職場、風通しの良い職場、

一方的な押し付けのない経営、上司などが必要となるのでしょうね。

管理が甘いとか、優しすぎる、とかではなく、

人間(社員)はそういう生き物なのです。

個々をしっかり尊重して、対話をしない限り、所属している社員が

人間である限り、これは経営者としては避けられない事実。

 

私も、周囲の人間にそう接していかないといけないなぁ、と

反省する、労務管理のテキストの一コマでした。

 

 


この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?