面接対策は “対話” が一番!

こんにちは。
アクシスコンサルティングの福原です。
 
本日は、お勧めの面接対策方法をご紹介致します。
 
 
一般的に、面接の対策をする際の方法は、大きく以下の3段階になるかと思います。
 
 ①頭の中で考えを整理する。
 
 ②上記①をノートにまとめ、これを暗記する。
 
 ③上記②を声に出して練習する。
 
 
話すことに苦手意識を持っている方は、
 
③までしっかりと準備される方が多いかと思います。
 
 
一方で、話が得意な方からは、『①までしか準備をしない』という声も耳にします。
 
 
もちろん面接は、①~③まで準備をすれば受かるというものではなく、
 
①のみの準備でも複数社から内定を獲得されるケースもあります。
 
 
しかし、圧倒的に会話に長けている方でない限り、
 
①のみで内定まで選考をくぐり抜けることは至難の業です。
 
 
そこで、本当の意味で万全な準備をするために、4つ目の方法をご紹介致します。
 
 
 
それは、『人に話す(人に聞いてもらう)』ことです。
 
 
上記の①~③は全て、“向き合うのは自分自身”です。
 
 
この作業にかなりの労力がかかることは事実ですが、
 
労力をかけさえすれば、一通りの準備を行うことができます。
 
 
しかし、面接で難しいのは『初めて会う人間に対して自身の考えを伝える』ことにあります。
 
そこで、“対話”という訓練が重要になります。
 
 
人に話す際、相手によってその内容や伝え方を変える必要があります。
 
自分一人の作業である①~③に比べ、不確実性が増す“対話”という環境は、
 
実は人の脳を活性化させる効果があります。(いやがおうにも集中力が高まるため)
 
 
また、人は「書く」「読む」に加え『話す』ことで、自身の考えを耳で聞き
 
自身の思考を整理することができます。
 
更に、相手からフィードバックを受けることで、新たな気づきも得られるはず。
 
 
一人ではできない練習であるためハードルの高さを感じるかと思いますが、
 
だからこそ、得られる効果も大きいのです。
 
 
面接に苦手意識をお持ちの方は、是非思い切って身近な方に
 
自身の考えを伝え、フィードバックをもらってみてください。
 
 
“気心が知れているからこそ話しにくい”ということもありますので、
 
そんな時は、エージェントの出番です。
 
 
面接という不確実性の高い環境に如何に慣れ、その中で自分自身をアピールするか、
 
面接対策では、是非“対話”を意識してみてください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×