「MBA」はコンサルタントへの転職に本当に役立つのか?何がどこまで評価されるのか?

MBAを持っていないとコンサルタントになれない?

コンサルティングファームへの転職を希望している方とお会いすると、「将来コンサルタントになりたいのでMBA取得を考えています」というご相談をいただくことがあります。

ただ結論から言えば、MBAを持っていてもいなくてもコンサルタントにはなれます。むしろMBAホルダーの方が少ないコンサルティングファームもたくさんあるのです。

私の過去の事例では、外資系の戦略コンサルティングファームに入社された方のうち、MBAホルダーは30%強くらいですね。MBAがなくとも、しっかり準備をすればオファーが出ます。

20150903_campus.jpg

コンサルティングファームの採用時におけるMBAホルダーの評価は?

MBAで得られるものはなんでしょうか?経営の知識以外にもいろいろとあります。学歴(特に上位校の場合)。切磋琢磨しあった仲間たち(人脈)。英語(海外の場合)。

中でも皆さんが口を揃えるのが、「人脈」。特に海外でMBAを取得した方は、異なる文化・価値観を持つ志の高い仲間ができたのが一番の収穫だったとおっしゃいます。優秀な人が集まるところには質の高い情報が集まるので、ビジネスネットワークという意味でも重要です。

コンサル業界への転職にMBAは役立つのでしょうか?誰もが名前を知っているような海外上位校であれば、書類上は非常に有利です。

実際、ファームの採用担当者がキャリアフォーラムなどを通じて、わざわざ大学までリクルートに来てくれたりします。

では、それ以外のMBAホルダーはどうかといえば…。

先に述べた通り、経営の知識や英語力はプラス評価になります。ただ、それ以上スキルとして評価されるかといえば、現実的には特にはないかもしれません。

ただ、時間やお金のリスクを取ってMBAを取得した方は向上心があるので、スキル以外の部分で評価されることもあります。ある意味エネルギッシュというか、知的体育会系というか。コンサルティングファームはそんなマインドのある方が結構好きなんですよね。

20150903_person.jpg

MBAの取得は計画的に。リスクをきちんと考える。

MBA留学には時間とお金が必要ですよね。ヨーロッパのMBAは1年間のところが多いですが、通常は2年間で、準備期間を含めると2年半から3年ほどかかります。

たとえば30代前半からMBAを考え始めたら、留学から戻ってくる頃には35歳を過ぎている可能性もあります。35歳を過ぎてのキャリアチェンジは、採用する側も働く側もリスクが高くなります。

海外の場合は学費以外に生活費もかかりますので、超高級車、場合によっては家が買えるくらいの費用が必要になります。MBA取得した結果、この出費をビジネスで回収できるどうかは、正直ケース・バイ・ケースですね。

これらのリスクを取って本当にMBAで学びたいことがあるのかを考えてみてはいかがでしょうか。逆に言えば、大きな自己投資をしてMBAを取得された方、取得を目指して今現在勉強されている方は、素直に尊敬してよいと思います。

アクシスコンサルティングでは、MBA取得後のキャリアパスについても、数多くの事例があります。今のタイミングでMBA留学すべきか悩んでいる方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

=================

今回の記事では、コンサルタントへの転職にMBAは本当に役立つのかについてご紹介しました。

キャリアでお悩みの方はぜひアクシスコンサルティングにご相談ください。

 

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×