シンクタンクとコンサルとの違いとは。向いている人、向いていない人。

コンサルティングファームとシンクタンクは何が違うの?

コンサルティングファームへの転職を希望している方とお会いすると、「シンクタンクへの転職にも関心があるのですが案件はありますか?」というご相談をいただくことがあります。

もちろん案件はあります。しかし、実はシンクタンクが業界内でどのような立ち位置で、どのような業務をおこなっているのかを理解している方は少数。そこで今回は両者の違いをご説明します。

まず、大きく異なる点は組織としての目的です。

コンサルティングファームが「クライアントの課題を解決する」ことを目的としているのに対し、シンクタンクとは英語で「think tank」という言葉の意味通り、役割としては「社会や経済の調査・分析・研究をおこなう」ことを目的としています。場合によっては解決策の提示などもおこないますが、機能としては研究機関と言い換えてもいいかもしれません。

日本国内では、株式会社野村総合研究所、株式会社三菱総合研究所、日本総合研究所株式会社など「総合研究所」と名付けられるケースが多いようです。

また多くの場合で政府や金融機関、大手企業など母体となっている組織が存在し、その組織のための調査案件などを扱うケースが多いのもシンクタンクの特徴です。

【政府系シンクタンク】

  • 経済社会総合研究所(内閣府)
  • 経済産業研究所(経済産業省)
  • 日本国際問題研究所(外務省)
  • 日本銀行金融研究所(日本銀行)

政府系では官公庁により発足され、政策などに対する調査・提言を行います。

【金融系】

  • 日本経済研究所(日本政策投資銀行)
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
  • 日本総合研究所(三井住友フィナンシャルグループ)

地方銀行にもシンクタンクを設けている会社が数多くあります。浜銀総合研究所(横浜銀行)

【証券会社系】

  • 野村総合研究所(野村グループ)
  • 大和総研(大和証券グループ)

【企業系】

  • 三菱総合研究所(三菱グループ)
  • NTTデータ経営研究所(NTTグループ)

日本初の民間シンクタンクと言われる株式会社野村総合研究所が設立されたのが1965年、今では大阪など東京以外でもサービスを広げております。

img0914-2.jpg

シンクタンクで実現できるキャリアは「大きな社会問題の解決」

シンクタンクの中では、主に2種類のキャリアが考えられます。リサーチ・研究をおこなう「研究員」と、解決策の提示をミッションとする「コンサルタント」です。

前者は言わずもがな、シンクタンクのメイン機能ですね。後者はコンサルティングファームと同様のサービスと考えて問題ありません。

最近は各シンクタンクでコンサルティング部隊の強化が進んでいます。対応できる案件規模に限界はあるものの、大手コンサルティングファームと遜色ないサービスを提供できるシンクタンクも出てきました。

異なるのは扱うテーマでしょうか。シンクタンクでは「大きな社会問題」を相手にしていることが多いということが大きな違いです。

具体的には、排出権取引の問題、少子高齢化の問題、地域医療の問題など。もちろん通常のコンサルティングファームと同様の案件も扱いますが、主流ではありません。研究開発がメイン機能のため、ファームと比較して「長期的かつ社会的な視野に立ったコンサルティング」が強みでしょうか。

また、直近ではITやセキュリティの案件も増えております。

(案件例)化粧品メーカーにおけるIoT技術を使ったプロジェクトで、利用者の肌の状態をリアルタイムで分析して最適な乳液を提供するソリューションの開発・導入など

大手シンクタンクにはSIerの機能も持つケースが多く、中には社員のケイパビリティが「コンサルティング:ITソリューション=1:9」といったシンクタンクもあり、SEなどエンジニアの人材も直近採用熱が高まっているようです。

img0914-1.jpg

「一つの専門分野に一生を捧げる人」はシンクタンクに向いている

ではシンクタンクに向いている人はどんな人なのでしょうか。

難しい問題ですが、あえて回答すると「一つの専門分野に一生を捧げる覚悟がある人」です。

専門性が重視されるため、長期的な視点で社会を分析したい人や、自分の専門性を活かして仕事がしたい人が向いています。

書籍の執筆やレポートの公開などを積極的におこなえるところなども、利点かもしれませんね。

シンクタンクとコンサルファームの年収差

ここまではシンクタンクとコンサルファームの仕事内容や、扱う案件の違いについてご説明しました。

ここでは、それぞれの年収を比較してみます。

シンクタンクもコンサルファームと同様にコンサルタント、シニアコンサルタント、マネージャーといったタイトルがあります。

コンサルタントのタイトルまではコンサルティングファームと同じく、年収の上限が800万円前後のシンクタンクが多いとされています。

一方で、シニアコンサルタント以上のタイトルになると、同タイトルでもシンクタンクの方が年収で50万から100万ダウンするケースが多いようです。

さらに、タイトルが上がるごとに年収差に開きが出る傾向があり、プリンシパルクラスになると年収が500万~1000万ほどシンクタンクの方が低くなることもあります。

シンクタンクとコンサルティングファームの評価制度や採用の違い

また、コンサルファームとシンクタンクの特徴として評価制度や社風の違いが挙げられます。

一概には言えませんが、シンクタンクでは中長期的なキャリアを築くことを前提としたキャリアパスを徹底している会社も多く、入社された方の感想では、年収の上がり方もいわゆる『年功序列』に近い制度だという声もあります。

この傾向は採用にも影響しており、シンクタンクでは一つの会社で長く働ける人材を求める傾向にあるようです。

一方で、コンサルファームは研修制度やワークライフバランスなど、成長する環境づくりに配慮しつつも、給料やタイトルは完全実力主義の会社が多いとされています。

一つの会社で着実にコンサルタントとして成長したい方はシンクタンク、実力主義の中で自分の評価を試し、評価を上げてゆきたい方はコンサルてティングファームに向いていると言えるのかもしれません。

デリバリーに特化したいコンサルタントへのキャリアパスとしてのシンクタンク

金融系シンクタンクの特徴として、親会社である金融機関の営業が案件を獲得し、シンクタンクへ紹介するパターンが多く見られます。

通常コンサルティングファームではMアップ以上のタイトルにセリングの責務が付いてきますが、シンクタンクの中には同じタイトルでもセリングをあまり求められないケースも多いです。

今回はシンクタンクとコンサルティングファームの違いについて、志向性や年収、働く環境などの面からご紹介しました。

アクシスコンサルティングでは、シンクタンクへの転職もさまざまな事例があります。キャリアにお悩みの方はいつでも気軽にお問い合わせください。

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録はこちら(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方はこちら

※ご依頼の求人は、弊社規定により選定させていただきます。あらかじめご了承ください

記事を気に入りましたら、いいね!をお願いします

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?

※20代後半~30代後半向けの非公開求人多数。
独自の企業動向・キャリア事例なども提供中

新規会員登録(無料)

※フリーランスのコンサルタント向けキャリア支援・
案件紹介サービス

フリーランスの方/目指す方
×