会計コンサルタントへの転職に求められるスキルとは?

士業と会計コンサルタントの違いとは?

会計コンサルタントは、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネのうち『カネ』を司る専門家です。

公認会計士や税理士も広義の意味ではコンサルティングをおこないますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか? まずはこれら士業と会計コンサルタントの仕事の相違点をご説明します。

例えば、公認会計士の主業務は会計監査であり、企業が作成した決算報告書が法律のルールに則っているかをチェックすることがミッションです。

これに対して、会計コンサルタントは企業が決算報告書を作成する上での業務フローを見直し、企業がより楽に、低コストに、正しく決算報告書を作成できる『仕組みづくり』をサポートします。

成果として、決算業務の早期化やコスト削減など、クライアントに対して目に見える成果を提供することができます。

また、企業が自社の業績をより正確に、リアルタイムに把握できるよう、システムを用いて課題解決に取り組むこともあります。

会計コンサルタントは、会計監査に比べ業務範囲が広く、〝攻め〟の経営支援がミッションと言えるでしょう。

会計1.jpg

求められるスキルとマインドセット

会計コンサルタントは、その名のとおり会計業務の専門家です。そのため、会計・財務・税務等に関する高い専門性が求められます。

各コンサルティングファームの具体的な募集要件を見ると、公認会計士の資格取得が一つの目安となります。

また、資格保有者でない場合でも、連結決算業務の実務経験を数年間積むことで、会計領域への専門性をアピールすることができます。

上記に加え、コンサルティングファームの採用現場で重視されている点が『マインドセット』。

公認会計士や税理士・事業会社の経理職などは、今月・今年行った業務を来月・来年もおこなうといったルーティン業務が一定量あり、業務をいかに効率よく回せるかがポイントとなります。

一方、コンサルティングは、クライアントごとにミッションが異なるため、ルーティンで業務を回すことは極めて困難です。

この『仕事のスタンス』を切り替えることが、会計コンサルタントへキャリアチェンジをする上での最重要課題となります。

会計3.jpg

会計コンサルタントのネクストキャリア

冒頭でもお伝えしたとおり、会計コンサルタントは経営資源である『カネ』の専門家です。すなわち、経営の中核を担うスキルが備わっていることを意味します。

そのため、M&Aアドバイザリーとして企業のM&A戦略~実行支援をサポートすることや、事業会社のCFOとして財務・経理・経営企画の三要素を担うといった選択肢が広がります。

会計コンサルタントは会計の側面から〝攻め〟の経営支援をする専門家として、その後のキャリアパスも大きく広げることのできる魅力的な仕事です。皆様も、ぜひネクストキャリアの候補に加えてみてはいかがでしょうか?

 

======================================

アクシスコンサルティングでは、 -コンサルタントになりたい人 -コンサルタントとしてキャリアアップしたい人 -コンサルタントから卒業したい人 のキャリアを支援しております。

弊社のキャリアコンサルタントと面談を希望される方は、下の申し込みボタンより、入力画面に移動してください。

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial