コンサルタントに学歴はやはり不可欠? 2015年の現状

コンサルタント=高学歴?

「コンサルタント」という職種について、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?

「エリート」「頭脳派」「頭が切れる」、そして「高学歴」といった感じでしょうか。

コンサル出身の経営者の学歴を見てみると、確かにそうそうたる学歴の方が多いです。マッキンゼー社出身の大前研一さんは早大理工⇒東工大院⇒MIT、BCG社出身の岩瀬大輔さんは東大⇒ハーバード・ビジネススクール、などなど。

しかし、コンサル業界に入りたければ高学歴が不可欠かというと、実はそうとも言えないのです。

学歴1.jpg

採用要因へのマッチ度が問題

ファームが人を採用するかどうかは、おおざっぱに言えば「地頭+伸びしろ+経験」の総合計が採用基準に達しているかで決まっています。そして、重視するポイントは会社毎に異なります。

例えば前出の「マッキンゼー社」「BCG社」などは「戦略ファーム」に分類され、企業の針路を左右する経営戦略を課題として扱います。

経営戦略案件を複数扱った〝経験〟のある方はかなり少ないため、必然的に〝地頭〟や〝伸びしろ〟を重視した採用を行うことになります。

また、戦略ファームは少数組織のため、採用も門戸を広くというよりは絞って実施します。その結果、〝地頭〟や〝伸びしろ〟のある可能性の高い「高学歴者」に絞って採用活動を実施することが多くなるのです。

一方、幅広い企業の課題を扱う「総合系ファーム」などでは、今までの〝経験〟を活かせる可能性が高くなります。また、扱う課題が多いため、ターゲットは絞りすぎずに幅広く採用活動を実施するケースが多く見られます。

学歴2.jpg

学歴のハードルが下がるケースとは

では、実際のところ現在の採用ターゲットはどのようになっているのでしょうか?

新卒・第二新卒などの経験による加算がない採用の場合、戦略ファームを除く多くのファームのボーダーは、一般に大卒、G-MARCHクラス以上です。しかし、中途採用では、経験次第で地頭を担保する〝学歴〟のハードルが緩和されます。

例えば総合系ファームでは経営企画・事業企画・IT経験者は歓迎ですし、中小企業向けファームでは顧客との関係構築が不可欠の為、営業経験者を求めています。

企業側の募集要件にマッチする経験がある場合は、いわゆる「偏差値」はそこまで重要視されません。また、その時々の採用の温度感によっても学歴の重視度は変わってきますので、その辺りの情報はぜひ我々にお問い合わせください!

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?