地方からの転職活動は、諦めない心で見事一次請けPKGベンダーへ!

thumbnail
  • 30歳 男性(未婚)
  • SIer(二次請け)パッケージベンダー(BI領域)
  • 400万円 450万円

【面接までの遠い道のり】

Gさんは現在地方にお住まいということもあり、まずは電話で
面談をさせていただくことになりました。
お話をさせていただくと、志向性は固まっており、
ご自身の経歴もポイントを絞り、明確に回答できる優秀な方でした。
高校卒業後、志望大学に入学することが出来なかったため、
就職の道を選びましたが、やはり大学は卒業したいという思いが強くなり
一度会社を辞め、大学に入り直したとのことです。
それまでは、高卒で契約社員から入社し、努力した結果
最終的には10名程度を束ねるリーダーとなり、活躍をされておりました。
面接までいけば、Gさんの良さを企業へわかってもらえると確信しておりました。
しかし、実はそこまでの道のりが遠かったのです。

【大学への入りなおしがボトルネックに・・・】

大学に通っていたとは言え、30代のGさん
離職期間が2年空いてしまったことは、
キャリア上マイナスとなってしまいます。
中途採用では、基本的に即戦力を期待されているため
現場から2年離れていると、一般的には企業に敬遠されがちになります。
Gさんも、5社応募し、4社がお見送りという
つらい現実に遭遇することとなりました。
しかし、そこで諦めては我々が仲介している意味がありません。
弊社の営業とも協力し、直接企業にGさんの魅力を伝えることで
その後、いくつか追加で応募した企業も含め、
4社から書類通過の連絡を受けることができました。

【地方からの転職活動は日程調整が重要】

書類は通過してきましたが、Gさんにはもう一つ乗り越える壁がありました。
新幹線を使い、片道3時間。
往復で2万円を超える料金。
住んでいる場所が地方であったため、日程の調整にも工夫が必要でした。
すでに大学の授業は単位取得後であったため、時間の調整はしやすかったですが、
何度も往復を繰り返すことは、負担が増えてしまうため避けたい状況でした。
なるべく同日に面接を複数設定するなど上手く調整し、
早めに決着をつけれるよう企業にも協力をお願いしました。

【より上流へ!】

それでも、少なくとも4往復はしたことと思います。
大変な労力をかけながら、ハードな面接をこなしていくGさん。
もともと自身のことを話すのはお得意でしたので、
途中、要所々々ですり合わせを行い、
最終的には3社から内定を得ることができました。
前職が二次請けのSIerであったため、より上流にいくことと
データ領域の経験を活かせる企業を志望していたため、
最終的には一次受けのBI領域に強みを持つ企業へのご入社を決められました。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?