いつかはチャレンジ!戦略ファームへの転職はケース面接で頭が真っ白に・・・

thumbnail
  • 30代前半男性(既婚)
  • 外資系総合コンサルティングファーム→外資系戦略コンサルティングファーム
  • 1200万円→1400万円

いつかはチャレンジしてみたいですね

Kさんにお会いしたのは1年前。特に転職を検討されていたわけではなかったのですが、大学卒業後、総合ファームに就職して10年経過したので、「自分の今後のキャリアの可能性を知りたい」と依頼を受け、お会いしました。お話を進める中で、「ところで戦略ファームって具体的にどんな仕事するのでしょうか?」と質問があったため、戦略ファームと総合ファームの仕事内容の違いや案件の詳細をお話したところ、「以前は全く興味なかったのですが、いつかはチャレンジしてみたいですね。」とのこと。その日は特に応募する、しないの話ではなく、そこまでで終わりました。

このタイミングで

約半年後、Kさんから連絡が入りました。「知人が最近、戦略ファームに転職して、とても楽しそうに仕事しているらしく、自分もこのタイミングでチャレンジしてみようと思います。」その日からKさんの転職活動がスタートしました。連絡を受けた翌日、Kさんに再度お会いして、応募するファームや優先順位を決め、履歴書、職務経歴書の書き方をアドバイスさせていただきました。4社のファームに応募し、全てのファームが書類審査を通過しました。いよいよ面接です。

ケース面接で頭が真っ白に・・・

書類審査が通過したファームの面接内容を伝え、戦略ファームでは必ず出てくる「ケース面接」の対策を実施しました。特にケース面接についてはフェルミ推定形式のものやビジネスケースなど、複数の種類を何度も解き、模擬面接を何度も繰り返しました。そして1社目の面接。意中のファームではないものの、ハードルがとても高いことで有名なファームの面接ということもあり、Kさんは抜かりなく準備されました。しかしながら、結果は「お見送り」。社会人になってから初めての面接ということもあり、相当緊張されたそうです。ケース面接で答えに詰まり、頭が真っ白になった、とのこと。それでもめげずに、自分がダメだったポイントを明確にして、他ファームの面接に気持ちを切り替え、準備されました。

転職初日の前夜に

もともと地頭も良く、コミュニケーションスキルやロジカルシンキングなど、コンサルタントに必要な要素を人一倍お持ちのKさん。落ち着きを取り戻してからの面接は連戦連勝。特に意中のファームからの評価がとても高く、通常4〜5回面接を実施する同ファームから3度目の面接を終了した時点で「内定」が出ました。年収などの諸条件もKさんの希望を上回る提示があり、即日承諾。いよいよ転職初日を迎える前日の夜、そんな大切な時間にKさんから食事の誘いが。「お世話になりましたので是非、一杯ご馳走させていただきたくて。」どこまでも魅力的なKさん。ますますのご活躍を期待しております!

※20代後半〜30代後半向けの非公開求人多数。 独自の企業動向・キャリア事例なども提供中。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

4000名のコンサルタントの支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
未経験からコンサルタントになる。別のコンサルティングファームへ移る。コンサルタントから事業会社へ(独立する)。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。
平均サポート期間は3年。今すぐの転職をお考えでなくても構いません。

あわせて読みたいコラム

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?