ケース面接対策の前にやるべきこと

thumbnail

コンサルティング会社の面接では戦略ファームを中心にケース面接が出題される事があります。

ケース面接の対策は非常に重要で、対策をせずに面接クリア出来る人はごく少数、

と言われていますし、事実ケース面接は慣れないと非常に戸惑います。

 

 

 

そんな事もあって、戦略ファームを目指す方は、筆記とケース面接の対策に

非常に多くの時間を掛けていらっしゃいます。

 

 

 

 

ですが、実は一次面接不合格だった方の内、

実質ケース面接までたどり着いていない方が約半分です。

 

 

 

 

「ケース面接大変だったけど、何とか乗り切れた!」だけど不合格。

 

何故でしょうか。

 

 理由はケース面接の前に実質面接不合格になっているからです。

 

 

 

 

通常戦略ファームの一次面接は多くの場合、

 

 

・一般的な面接(自己紹介、経歴の説明、志望動機) 30分

 

 

・ケース面接 30分

 

 

の合計1時間で行われます。

※ケースのみ、一般的な面接のみの場合もあります。

 

 

 

 

前半の一般的な面接で不適応と判断した場合でも、

一応、形式上(あるいは僅かな望みを託して)ケース面接を実施する事が多いのです。

 

 

 

別れ話をする/ピクトグラム/3D/イラスト

 

 

 

 

面接官を担当する戦略ファームのパートナーが言っていました。

 

「コンサルを目指す理由・自分の経歴・やってきたことを、

しっかり論理的に話せない人が、経営とか戦略について話出来ないでしょ。」

 

 

確かに。

 

 

ケース面接の準備の前に、一般的な面接の受け応えを

しっかり出来るように準備しておくべきなのです。

この記事をシェア:
アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングについて

3000名のコンサルタントの転職支援をしてきた人材紹介会社(転職エージェント)。
コンサルタントになる。コンサルタントとしてリポジションする。コンサルタントからEXITする。
そのすべてに精通した生涯のキャリアパートナー。

この投稿者が書いたコラム


関連情報

アクシスコンサルティングは、
プライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。


SSL/TLSとは?